HSBC女子世界選手権

米国女子

畑岡奈紗は3アンダー・6位の好発進 首位に5人が並ぶ混戦

3アンダーの好スタートを切った畑岡奈紗 HSBC女子世界選手権(2019)(初日) 写真・Getty Images
3アンダーの好スタートを切った畑岡奈紗 HSBC女子世界選手権(2019)(初日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<HSBC女子世界選手権 初日◇28日◇セントーサGC タンジョンC(シンガポール)◇6718ヤード・パー72>

米国女子ツアー「HSBC女子世界選手権」の初日が終了。この日4アンダーをマークした世界ランキング1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ミンジー・リー(オーストラリア)、セリーヌ・ビュティエ(フランス)、エイミー・オルソン(米国)、ウ・リュ(中国)ら5人が首位に並ぶ混戦となっている。

今大会初出場となる畑岡奈紗は、3バーディ・ノーボギーの「69」をマークし、3アンダー・6位タイの好発進。同順位にはパク・ソンヒョン(韓国)、フォン・シャンシャン(中国)ら7人が並んだ。

主催者推薦で出場している美女ルーキー、ヘ・ムニ(中国)は4オーバー・51位タイと大きく出遅れ。昨年覇者のミシェル・ウィー(米国)はラウンド途中に棄権した。

【初日の結果】
1位T:アリヤ・ジュタヌガーン(-4)
1位T:ミンジー・リー(-4)
1位T:セリーヌ・ビュティエ(-4)
1位T:ウ・リュ(-4)
1位T:エイミー・オルソン(-4)
6位T:畑岡奈紗(-3)
6位T:パク・ソンヒョン(-3)
6位T:フォン・シャンシャン(-3)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ