ホンダLPGAタイランド

米国女子

出入りの激しい一日も…「この感覚だ!」 上原彩子は今季に視界良好

上原彩子はタイで確かな手ごたえをつかんだ ホンダLPGAタイランド(2019)(最終日) 写真・パーゴルフ
上原彩子はタイで確かな手ごたえをつかんだ ホンダLPGAタイランド(2019)(最終日) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 エイミー・ヤン -7 -22
2 ミンジー・リー -6 -21
3 カルロタ・シガンダ -9 -20
4 ジェニー・シン -4 -17
5 チ・ウンヒ -4 -16
6 ブルック・ヘンダーソン -4 -15
7 Nelly Korda -2 -14
8 Megan Khang -6 -13
9 ダニエル・カン -1 -12
10T クリスティ・カー -3 -11
<ホンダLPGAタイランド 最終日◇24日◇サイアムCC パタヤオールドC(タイ)◇6576ヤード・パー72>

初日に「68」を出し10位タイと好スタートを切った上原彩子。その後、スコアは伸ばせず、最終日も5バーディ・6ボギーの「73」。スコアを1つ落とし、トータル3アンダー・42位タイでフィニッシュした。

出入りの激しいゴルフで順位を落としたが、クラブハウスに引きあげてきた表情は明るい。そして、「今週はショットがずっと良くなくて試行錯誤していたのですが、5番のティショットから感覚が良くなりました。体の動かし方がすごくしっくりきました。“あっ、この感覚だ!”って。その後も良かった」と口からも前向きな言葉がこぼれる。スコア以上に収穫のあった一日だった。

この日は18番パー5の3打目を打つ直前で、雷雲接近により一時中断に。土壇場で約1時間足踏みをすることになったが、「最後のバーディパット(5m)も決まらなかったですが感覚はすごく良かったです。次の試合につながると思います」と納得のできるかたちで18ホールを終えることができた。

ここまで3試合を消化しての手応えはかなりのもの。「初戦はショットが良かった。そこからあまり良くないかったですが、2試合目も最終日に伸ばせましたし、今週も感覚は良かった。全体としてもショットが良くないときでもリカバリーをしてスコアを作れているのでいいと思います」。続けて「まだ前半ですが、今シーズンに向けて楽しみな部分は多いです」と頼もしい発言も飛び出す。

次戦は日本ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。地元・沖縄での戦いとなる。「沖縄での試合はやっぱり意気込みも位置づけも違います。今年も推薦をいただくことができましたが、結果を出すことが沖縄の方にとっても主催者の方々にとっても恩返しだと思います。上だけを見て、いいプレーを見せられるように頑張りたい」。いつも以上に熱い言葉で気合を示した。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・デビューから3試合が終了 ルーキー・山口すず夏が米ツアーで感じるメンタルの重要性
・海外2試合を経てさらに進化 “ニュー新垣比菜”でいざホステス&地元試合へ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ