ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン

米国女子

スーパールーキー・山口すず夏の誤算 日々成長の18歳は次週タイランドへ

山口すず夏は「77」の乱調で予選落ち、次戦に期待 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2019)(2日目) 写真・大会事務局
山口すず夏は「77」の乱調で予選落ち、次戦に期待 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2019)(2日目) 写真・大会事務局

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Madelene Sagstrom -5 -10
1T シュ・ウェイリン -3 -10
3T Nelly Korda -6 -7
3T 野村 敏京 -5 -7
3T Hannah Green -3 -7
6T ジョディ・イワートシャドフ +1 -6
6T クリス・タムリス -4 -5
7 Yu Liu -2 -5
7 Bronte Law E -5
10T マリナ・アレックス -4 -4
<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇15日◇ザ・グレンジGC(オーストラリア)◇6638ヤード・パー72>

2週連続での決勝ラウンド進出はならなかった。今週、高校を卒業するスーパールーキーの山口すず夏は、この日2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの「77」と崩れ、トータル8オーバー・122位タイでプロ転向後初の予選落ちとなってしまった。

10番スタートの山口は11番でボギーが先行すると16、18番もボギー。スコアを3つ落としてハーフターンすると、1番ではバーディを奪ったが、5番で痛恨のダブルボギー。その後も1つスコアを落としホールアウトした。

「昨日はそんなに調子が悪かったわけではなくて、最後の『8』でやられてしまいました。今日はなかなかショットも安定しなくて、パーを拾うのがやっとというなか、ズルズル行ってしまった」。初日の最終ホールをダブルパーとしてホールアウトした影響か、挽回ならず肩を落とした。

いきなり飛び込んだ米国女子ツアーの舞台。前週のシーズン初戦は22位タイに終わり、大器の片鱗を見せたが、「やっぱり悔しいです。ショットを打つ前に不安というか、思いっきり振れていなくて曲がってしまって」と、出てくるのは反省の弁ばかりだ。

今週の課題として、集中力をキープしてダブルボギー、トリプルボギーを打たないことを設定。しかし結果的にここまでスコアを落としてしまったことに対し、「もっとショットを練習して、安定性を維持できるように頑張りたい」と、次戦の「ホンダLPGAタイランド」で反省を生かす構えだ。

次週のタイは予選落ちなし。思い切りよくスタートダッシュを決めて、今週の誤算を吹き飛ばす活躍を見せることができるか。ルーキーのシーズンは、まだ始まったばかりだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ