ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン

米国女子

野村敏京が3差3位で決勝Rへ 原英莉花は「79」で予選落ち

野村敏京、3打差の好位置で決勝ラウンドへ ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2019)(2日目) 写真・大会事務局
野村敏京、3打差の好位置で決勝ラウンドへ ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2019)(2日目) 写真・大会事務局

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T Madelene Sagstrom -5 -10
1T シュ・ウェイリン -3 -10
3T Nelly Korda -6 -7
3T 野村 敏京 -5 -7
3T Hannah Green -3 -7
6T ジョディ・イワートシャドフ +1 -6
6T クリス・タムリス -4 -5
7 Yu Liu -2 -5
7 Bronte Law E -5
10T マリナ・アレックス -4 -4
<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇15日◇ザ・グレンジGC(オーストラリア)◇6638ヤード・パー72>

米国女子ツアーとオ―ストラリアツアーの共催大会「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の2日目が終了。2016年大会覇者の野村敏京が5バーディ・ノーボギーの「67」と5つ伸ばし、首位と3打差のトータル7アンダー・3位タイで決勝ラウンドにコマを進めている。

トータル10アンダー・首位タイにマデリーン・サグストロム(スウェーデン)とシュ・ウェイリン(台湾)。3打差3位タイに野村、ネリー・コルダ(米国)、ハンナ・グリーン(オ―ストラリア)が続いた。

横峯さくら、上原彩子はトータル2オーバー・60位タイで決勝進出を果たした。

アマチュアの吉田優利(麗澤高3年)はトータル3オーバー・71位タイでカットラインに1打及ばず。米ツアー初出場の原英莉花も「79」とスコアを崩し、トータル5オーバー・95位タイで決勝進出はならなかった。プロ2戦目の山口すず夏、新垣比菜、酒井美紀、アマチュアの和久井麻由(代々木高2年)も予選落ちに終わった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ