ISPSハンダ・ヴィックオープン

米国女子

米二戦目はセリーヌ・ボウターがV 野村敏京は3打届かず5位T、プロ初戦山口すず夏は22位T

野村敏京は3打届かなかった ISPSハンダ・ヴィックオープン(2019)(最終日) 写真・パーゴルフ
野村敏京は3打届かなかった ISPSハンダ・ヴィックオープン(2019)(最終日) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Celine Boutier E -8
2T サラ・ケンプ -7 -6
2T Charlotte Thomas -3 -6
2T Su Oh +2 -6
5T アザハラ・ムニョス -6 -5
5T キャサリン・カーク -1 -5
5T 野村 敏京 +2 -5
8T Lauren Stephenson -4 -4
8T ジョディ・イワートシャドフ E -4
8T キム・カウフマン +6 -4
<ISPSハンダ・ヴィックオープン 最終日◇10日◇13thビーチゴルフリンクス ビーチコース、オーストラリア(6479ヤード・パー72)>

米国女子ツアー、オーストラリア女子ツアーによる共催大会「ISPSハンダ・ヴィックオープン」最終日。首位と3打差からスタートした野村敏京は、1バーディ・3ボギーとスコアを3つ落とし、首位と3打差の5位タイで大会を終えた。

優勝したのはトータル8アンダーのセリーヌ・ボウター(フランス)。2打差の2位タイに9バーディを奪ったサラ・ケンプ(オーストラリア)、オ・スヒョン(オーストラリア)、シャーロット・トーマス(イングランド)が入った。

上原彩子はトータル3アンダーの11位タイ。山口すず夏は前半に3つ伸ばしたものの、後半は最終ホールでダボを叩くなど失速。トータル1アンダー・22位タイでプロデビュー戦を終えている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・野村敏京が1mのミスで逃した勝利への道筋 「勝つ人はそのくらい外さない」
・今年こそ、米ツアー7年目の初優勝へ 上原彩子はシーズン初戦で好調の11位

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ