CMEグループツアー選手権

米国女子

ビッグマネーがかかる大会で畑岡奈紗が好発進 好物のカニ満喫で100万ドルに一歩前進!

畑岡奈紗が100万ドルに向け好発進を切った CMEグループ・ツアー選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages
畑岡奈紗が100万ドルに向け好発進を切った CMEグループ・ツアー選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Amy Olson -9 -9
2T 畑岡 奈紗 -8 -8
2T ブリタニー・リンシカム -8 -8
4 レクシー・トンプソン -7 -7
5 カルロタ・シガンダ -6 -6
6 Pannarat Thanapolboonyaras -5 -5
6 Lindy Duncan -5 -5
8 Yu Liu -4 -4
9T キム・セヨン -3 -3
9T Ashleigh Buhai -3 -3
<CMEグループ・ツアー選手権 初日◇15日◇チバロンGC・フロリダ州(6556ヤード・パー72)>

米国女子ツアーの今季最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」が開幕。ポイントランキング上位72人の精鋭が出場する大会で、畑岡奈紗が8バーディ・ノーボギーの「64」と好発進。2位タイから今季3勝目に向けた戦いがスタートした。

「風がある中で序盤はピンチが多かったですけど、うまくしのいでその後のバーディーにつなげていけた」とこの日のラウンドを振り返った畑岡。1番パー5のセカンドショットがバンカーに入り目玉となるが、ここをしっかりとパーで切り抜けると、「あそこでボギーにしなかったのは1日の流れを大きく変えました」とその後のバーディラッシュにつなげた。

6番パー5でこの日初バーディが来ると、「ずっと我慢したかいがあったかなと思いました」とギアをアップ。8番で7m、9番で1mを沈め、前半で3つの貯金を作った。後半に入っても11番から3連続バーディを奪うなど快進撃。「ぜんぶ真ん中から入っていたので、パッティングが今日は一番良かった」と、トップのエイミー・オルソン(米国)に1打差という好結果に笑顔を見せた。

年間タイトルをかけて競う米国女子ツアーのCMEポイントレースは、今大会を前にランキング順で1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)から5000pt、2位4750pt、3位4500pt…とポイントが再分配された。上位5選手が優勝すれば自力での年間タイトル、ビッグボーナス100万ドル(約1億2000万円)が手に入る。畑岡はランキング4位での出場とあって、このボーナスを手にするチャンスも残されている。

開幕前には、賞金で「このコースの中にもお城みたいな家がたくさんあるので、そういう家がほしいですね」と目標を語った畑岡。それに向け前夜には、当地の名物で好物と話すカニを食べ英気を養った。このリラックスムードに加え、日本で行われた「TOTOジャパンクラシック」でツアー2勝目を挙げた好調を維持しながら今大会を迎えている。

「途中でスコアを見て、どんどん伸ばしていかないとと思い最後まで集中できました。また集中して残り3日間頑張りたいです」。伸ばし合いにもひるまず、精鋭が集う大会で19歳が頂点を狙う。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ