ビュイックLPGA上海

米国女子

横峯さくら、上原彩子はともにスコアを落とす キム・セヨンが首位浮上

キム・セヨンが首位に浮上した ビュイック LPGA上海(2018)(2日目) 写真・GettyImages
キム・セヨンが首位に浮上した ビュイック LPGA上海(2018)(2日目) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・セヨン -5 -10
2T ダニエル・カン -4 -9
2T アリヤ・ジュタヌガーン -3 -9
4T Brittany Altomare -6 -7
4T Bronte Law -4 -7
4T ブリタニー・リンシカム -4 -7
7T Angel Yin -7 -6
7T カロータ・シガンダ -4 -6
7T Yu Liu -3 -6
7T ミンジー・リー -2 -6
<ビュイック LPGA上海 2日目◇19日◇チージョン・ガーデンGC・中国(6729ヤード・パー72)>

中国で開催の米国女子ツアー「ビュイック LPGA上海」2日目が行われ、トータル10アンダーでキム・セヨン(韓国)がトップに立った。1打差の2位にアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ダニエル・カン(米国)が続く。

横峯さくらは、4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーと2つスコアを落とし、トータルイーブンパー・30位タイで3日目に臨む。上原彩子はトータル6オーバーとスコアを落とし、63位タイで2日目のラウンドを終えた。

今年の「日本女子オープン」を制したユ・ソヨン(韓国)はトータル4アンダー・12位タイ。日本ツアーでも戦う中国のセキ・ユウティンはトータル3オーバー・48位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ