LPGA KEBハナバンク選手権

米国女子

畑岡奈紗が7アンダー・単独首位発進 上原彩子は5オーバー出遅れ

7アンダー・単独首位発進を決めた畑岡奈紗 LPGA KEBハナバンク選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages
7アンダー・単独首位発進を決めた畑岡奈紗 LPGA KEBハナバンク選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 畑岡 奈紗 -7 -7
2T ダニエル・カン -5 -5
2T チャーリー・ハル -5 -5
4T パク・スンヒョン -4 -4
4T ミンジー・リー -4 -4
6T アリヤ・ジュタヌガーン -3 -3
6T ジャン・ハナ -3 -3
6T Amy Olson -3 -3
6T Ji Hyun Kim -3 -3
6T Yu Liu -3 -3
<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇11日◇スカイ72GC(6,316ヤード・パー72)>

本日11日(木)に韓国で開幕した米国女子ツアー「LPGA KEBハナバンク選手権」初日の競技が終了。今季2勝目を狙う畑岡奈紗が8バーディ・1ボギーの「65」をマークし、7アンダー・単独首位発進を決めた。

畑岡は前半4番から3連続バーディを奪取し、3アンダーで折り返すと、後半でも7ホールで5バーディを奪うなど勢いは止まらない。17番パー3でこの日初ボギーをたたくも、8バーディ・1ボギーの好スコアをマークし、ツアー2勝目へ最高のスタートを切った。

首位と2打差の2位タイにチャーリー・ハル(イングランド)とダニエル・カン(米国)。3打差4位タイにパク・ソンヒョン(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)が続いた。昨年覇者のコ・ジヨン(韓国)は1アンダー・15位タイで滑り出している。

上原彩子はこの日「77」と振るわず、5オーバー・60位タイと下位に沈んだ。

【初日の結果】
1位:畑岡奈紗(-7)
2位T:チャーリー・ハル(-5)
2位T:ダニエル・カン(-5)
4位T:ミンジー・リー(-4)
4位T:パク・ソンヒョン(-4)
6位T:アリヤ・ジュタヌガーン(-3)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ