ULインターナショナル・クラウン

米国女子

韓国が国別対抗戦初優勝 日本代表は7位

初優勝を果たした韓国代表 左からチョン・インジ、ユ・ソヨン、キム・インキョン、パク・ソンヒョン ULインターナショナル・クラウン(2018)(最終日) 写真・Getty Images
初優勝を果たした韓国代表 左からチョン・インジ、ユ・ソヨン、キム・インキョン、パク・ソンヒョン ULインターナショナル・クラウン(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<ULインターナショナル・クラウン 最終日◇7日◇ジャック・ニクラスGCコリア(6,508ヤード・パー72)>

8カ国による国別対抗戦「ULインターナショナル・クラウン」の最終日。グループステージを突破した5カ国の決勝シングルスが行われ、2勝1敗1分けの韓国代表が初の栄冠をつかんだ。

決勝ラウンドに進出したのは韓国、米国、イングランド、スウェーデン、タイ。韓国は初戦のパク・ソンヒョンがタイのアリヤ・ジュタヌガーンに敗れるものの、チョン・インジがアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)に、キム・インキョンがブロンテ・ロー(イングランド)を相手にそれぞれ勝利を収めると、最終マッチのユ・ソヨンVSレクシー・トンプソン(米国)は引き分けに。大会4日間で7勝2敗1分け、計15ポイントを獲得した韓国が優勝を果たした。

大会連覇を狙った米国はイングランドと並び2位タイ。4位にスウェーデン、5位はタイだった。

グループBで3位タイだった日本は、5カ国目のワイルドカード枠を争ってプレーオフを戦ったが、タイ代表に敗れて決勝ラウンド進出はならず。日本の最終順位は7位だった。

【最終結果】
優勝:韓国(15pt)
2位T:米国(11pt)
2位T:イングランド(11pt)
4位:タイ(10pt)
5位:スウェーデン(9pt)
6位:オーストラリア(7pt)
7位:日本(5pt)
8位:台湾(0pt)
※勝利で2pt、引き分けで1pt獲得

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・流れつかめず全敗の成田・比嘉コンビ「またこのメンバーが選ばれるように」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ