ULインターナショナル・クラウン

米国女子

畑岡奈紗、上原彩子組がスウェーデンから1勝 明日第3ラウンドの残りを消化予定

ハードな1日を終えた日本チームの成田美寿々と比嘉真美子 ULインターナショナル・クラウン(2018)(2日目) 写真・ALBA
ハードな1日を終えた日本チームの成田美寿々と比嘉真美子 ULインターナショナル・クラウン(2018)(2日目) 写真・ALBA
<ULインターナショナル・クラウン 2日目◇5日◇ジャック・ニクラスGCコリア(6,508ヤード・パー72)>

8カ国による国別対抗戦「ULインターナショナル・クラウン」2日目が終了。この日は翌日以降の天候を考慮し、第2ラウンドと第3ラウンドの途中まで行う強行日程となった。

日本は第2ラウンドでスウェーデンと対戦。畑岡奈紗、上原彩子組は、今季「ANAインスピレーション」を制したパーニラ・リンドベルグ、マデリーン・サグストロム組と対戦し4&3で勝利した。成田美寿々、比嘉真美子組は、アンナ・ノルドクビスト、キャロライン・ヘドバル組に6&4で敗れ、対戦成績1勝1敗とした。この1勝で日本は2ポイントを獲得。通算ポイントを「3」とした。

続く第3ラウンド・米国戦では畑岡、上原組がジェシカ・コルダ&ミシェル・ウィー組と対戦。12番まで終え、1アップとリードした状態でこの日の競技を終えた。成田、比嘉組は、クリスティ・カー&レクシー・トンプソン組との試合に臨み、12番のグリーン上までプレー。ここまでで1ダウンとリードを許している。

大会は各4チームが2グループに分かれ3日間、2人1組のフォアボール戦に挑み(※勝利で2ポイント、引き分けで1ポイント)、各グループ上位2チームが最終日に進出。また、各グループの3位同士の勝者がワイルドカード枠で最終日に進出し最終的に5チームによる最強決定戦が行われる。第2ラウンドを終えた段階で、日本が属するB組は、米国が合計6ポイントで首位。以下スウェーデン(4点)、日本、タイ(ともに3点)となっている。

また荒天が予想される明日のスタート時間は、現時点で早くても午後2時30分を予定。そこから、第3ラウンドの残りを消化するスケジュールとなった。明日も全対戦が終わらない、またラウンド自体が行われなかった場合は、7日(日)の午前7時から再開となり、その後、順位決定戦まで行うことも確認された。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・スウェーデン撃破!米国にアップで中断 畑岡奈紗と上原彩子は「勝てるよね!」
・「絶対に負けたくない!」成田美寿々&比嘉真美子組は米国撃破に闘志!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ