エビアン選手権

米国女子

畑岡奈紗が第3Rをチップインバーディ締め 「明日はビッグスコアで上位争いへ」

畑岡奈紗が最終18番でチップインバーディ(写真は2日目) エビアン選手権(2018)(3日目) 写真・Getty Images
畑岡奈紗が最終18番でチップインバーディ(写真は2日目) エビアン選手権(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Amy Olson -6 -14
2 キム・セヨン -7 -12
3 モー・マーティン -2 -10
4T インビー・パーク -4 -9
4T アンジェラ・スタンフォード -3 -9
4T Georgia Hall -3 -9
7T ライアン・オトゥール -8 -8
7T Jeongeun Lee6 -4 -8
7T シュ・ウェイリン -2 -8
7T オースティン・アーンスト -2 -8
<エビアン選手権 3日目◇15日◇エビアン・リゾートGC(6523ヤード・パー71)>

今季何度も上位争いを繰り広げてきた畑畑岡奈紗が、最後の最後で意地を見せた。

今季の海外女子メジャー最終戦「エビアン選手権」の3日目、首位と4打差の16位タイから出た畑岡は、初のメジャー制覇に向けてティオフ。4バーディ・1ボギーとスコアを3つ伸ばすにとどまり首位とは5打差に開いたが、最終18番ではチップインバーディ締め。「今日は3日間のうちで一番ショットがよかったんですけど、あと2つ3つバーディが獲れていたら違ったのかなと思います」と悔しさが残るが、上位争いに絡むべく最後まで食らいついた。

第2ラウンドではイーブンパーとスコアを伸ばせずに終わったが、この日はその悔しさを晴らすべく、朝はティオフのギリギリまで調整。「練習場では昨日、おとといとそんなに変わらなくて少し不安な感じはあったんですが、コースに出てみたら意外とよかったので、あとは自信を持ってやるだけかなと思いました」と昨日は69.2%だったフェアウェイキープ率も84.6%に改善した。

「明日はビッグスコアを出して上位に絡めるように頑張りたいです」と頼もしい発言。「なかなか(最後のような)チップインバーディは難しいと思うので、やっぱりチャンスにつけたい」とはいうものの、明日はスーパープレーで優勝争いを目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ