CP女子オープン

米国女子

畑岡奈紗が首位と1打差で最終日へ 単独トップはブルック・ヘンダーソン

単独首位で最終日を迎えるB・ヘンダーソン CP女子オープン(2018)(3日目) 写真・Getty Images
単独首位で最終日を迎えるB・ヘンダーソン CP女子オープン(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブルック・ヘンダーソン -2 -14
2T 畑岡 奈紗 -3 -13
2T Angel Yin -1 -13
4 パク・ソンヒョン -2 -12
5T Su Oh -3 -11
5T オースティン・アーンスト -2 -11
7T ミンジー・リー -5 -10
7T リディア・コ -4 -10
7T ジェニファー・ソング -3 -10
7T Mariah Stackhouse -1 -10
<CP女子オープン 3日目◇25日◇ワスカーナCC(6675ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「CP女子オープン」の3日目が終了。首位と3打差のトータル10アンダー・4位タイから出た畑岡奈紗は、6バーディ・3ボギーとスコアを3つ伸ばしてホールアウト。トータル13アンダー・2位タイ、首位とは1打差とツアー2勝目に近づいて最終日を迎える。

トータル14アンダー・単独首位にはブルック・ヘンダーソン(カナダ)。畑岡と並ぶ2位タイにはエンジェル・イン(米国)、首位と2打差・4位にはパク・ソンヒョン(韓国)が続いた。

トータル5アンダー・30位タイで予選通過を果たした野村敏京は、トータル2アンダー・55位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・野村敏京はノーバディのラウンドに「なんともできなかったゴルフでした」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ