全英リコー女子オープン

米国女子

比嘉真美子は2位タイで週末へ 岡山絵里も予選突破、畑岡奈紗は崩れて敗退

2位タイで決勝ラウンドに進んだ比嘉真美子 全英リコー女子オープン(2018)(2日目) 写真・村上航
2位タイで決勝ラウンドに進んだ比嘉真美子 全英リコー女子オープン(2018)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ポルナノン・ファトラム -5 -10
2T Georgia Hall -4 -9
2T 比嘉 真美子 -3 -9
2T ミンジー・リー -2 -9
5 テレサ・ルー -3 -8
6 パク・ソンヒョン -2 -7
7 ユ・ソヨン -3 -6
8T パーニラ・リンドバーグ -4 -5
8T フローレンティナ・パーカー -2 -5
8T Madelene Sagstrom -2 -5
<全英リコー女子オープン 2日目◇3日◇ロイヤルリザム&セントアンズGC(6,585ヤード・パー71)>

海外女子メジャー第4戦の「全英リコー女子オープン」第2ラウンドが終了。首位と1打差の2位でスタートした比嘉真美子が、ダブルボギーをたたきながらもスコアを3つ伸ばし、トータル9アンダーの2位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

3番でボギーが先行したが、その後1イーグル・2バーディで後半に入ると、さらにスコアを2つ伸ばし迎えた17番パー4。ティショットをフェアウェイに置きながら、距離の残ったセカンドショットを左のブッシュへ打ち込みロストボール。結局ダブルボギーとしたが、それまでの貯金を生かして好位置をキープした。

そのほかの日本勢では、岡山絵里が粘りのゴルフでこの日イーブンパー。トータル1オーバーの55位タイで予選通過。メジャー大会初出場で勝負強さを見せた。上原彩子は終盤の3連続バーディなどで意地を見せたが、トータル2オーバー・66位タイで予選通過に1打足りず。成田美寿々がトータル4-オーバー・90位タイ、期待の畑岡奈紗はこの日も崩れ、トータル5オーバーの98位タイ、横峯さくらはトータル8オーバー・125位タイでそれぞれ2日間で姿を消した。

首位には2日連続の「67」をマークしトータル10アンダーまで伸ばしたタイのポーナノン・パットラム。比嘉と同じ2位グループにジョージア・ホール(イングランド)、ミンジー・リー(オーストラリア)がつけている。トータル8アンダーの5位に日本で活躍するテレサ・ルー(台湾)。すでにメジャー2勝のパク・ソンヒョン(韓国)がトータル7アンダーの6位に続く。

トータル6アンダー・7位にこちらもメジャー2勝のユ・ソヨン(韓国)。トータル5アンダーの8位タイグループには、この日ホールインワンを達成したブルック・ヘンダーソン(カナダ)やリディア・コ(ニュージーランド)、パーニラ・リンドバーグ(スウェーデン)らメジャー勝者が続いている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・畑岡奈紗は初の全英で苦戦 予選落ちという結果に 「変わらなきゃいけない」
・カットライン上のプレッシャーをはねのけた岡山絵里 初の海外メジャーで決勝R進出

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ