全英リコー女子オープン

米国女子

比嘉真美子が2位発進!「絶対に戻ってきたかった」思い出の大会で“災い転じて福となす”

安定感抜群の比嘉が2位発進 全英リコー女子オープン(2018)(初日) 写真・村上航
安定感抜群の比嘉が2位発進 全英リコー女子オープン(2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ミンジー・リー -7 -7
2 比嘉 真美子 -6 -6
3T ポルナノン・ファトラム -5 -5
3T イ・ミヒャン -5 -5
3T テレサ・ルー -5 -5
3T パク・スンヒョン -5 -5
3T Georgia Hall -5 -5
8T ミナ・ハリガエ -4 -4
8T リディア・コ -4 -4
8T サンドラ・ガル -4 -4
<全英リコー女子オープン 初日◇2日◇ロイヤルリザム&セントアンズGC(6,585ヤード・パー71)>

圧巻のゴルフでリーダーボードを駆け上がった比嘉真美子。今季海外女子メジャー第4戦の「全英リコー女子オープン」初日は、7バーディ・1ボギーの「66」。首位と1打差の6アンダーは日本勢最上位につけた。各選手が警戒するのがコース内に点在する160以上のバンカー。比嘉も同じく「バンカーに入れないこと」に専念。ところが1番のパー3で、いきなりティショットをバンカーに入れ、2メートルのパーパットを残すピンチもこれを沈めてパー発進。勢いに乗った。

その後はミドルパット、ショートパットを決め、この日初ボギーを喫した8番の直後の9番でバーディを奪い返し、気持ちよく後半へ。終盤は惜しいバーディパットもありながら、迎えた18番は5メートルのパーパットを決めて静かに拳を握った。

日曜日に日本を発ち、ドイツ経由で現地のマンチェスター空港に降り立ったが、荷物は届かず。キャディバッグが到着したのは結局、前日の水曜日夕方。一度も自分のクラブで練習ラウンドをこなすことなく迎えた本戦で見事なゴルフを見せたが、そこには初出場を果たした5年前から大きく成長した比嘉の姿があった。

「私が初めて出たメジャーがこの大会だったし、絶対もう1回、メジャーに出たいという思いが強くて、そこを目指して頑張った。とにかく前半戦はそれを目指して頑張ってきて、それを達成することができて、結構、気持ちが前のめりというか、頑張りたい、楽しみたいっていう気持ちが強いまま入ってきてしまったんですけど、あのアクシデントがあって、抜けたというか、バッグ来ないって…。それで逆にリラックスして、家族といっぱい話をしたり楽しみながら準備できて、それが良かったのかなと思います」

逆境にも動じることなく、むしろそれをプラスに考えての好結果。ラウンド中も終始落ち着き、上がってみればトップと1打差の位置にいた。「私にとってクラブがないとか細かいこと…、細かくないですけど(笑)、それがすごく大きな問題かといわれたら、そうではなくて、一番大事なことは私が自信を持った状態でこの18ホールをスタートすることだと思っていた。特に慌てることもなく、大丈夫でした」と、アクシデントを乗り越えさらに強くなった比嘉。あす以降のプレーにも大いに期待が持てそうだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ショット乱れ出遅れ、畑岡奈紗は出だし3連続ボギーに「アドレスが…」
・チップインバーディスタートも…、今季好調の成田美寿々は「消極的すぎた」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ