全英リコー女子オープン

米国女子

アクシデント越えて比嘉真美子が2位発進 畑岡奈紗、横峯さくらは大きく出遅れ

メジャーで2位発進の比嘉真美子 全英リコー女子オープン(2018)(初日) 写真・村上航
メジャーで2位発進の比嘉真美子 全英リコー女子オープン(2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ミンジー・リー -7 -7
2 比嘉 真美子 -6 -6
3T ポルナノン・ファトラム -5 -5
3T イ・ミヒャン -5 -5
3T テレサ・ルー -5 -5
3T パク・ソンヒョン -5 -5
3T Georgia Hall -5 -5
8T ミナ・ハリガエ -4 -4
8T リディア・コ -4 -4
8T サンドラ・ガル -4 -4
<全英リコー女子オープン 初日◇2日◇ロイヤルリザム&セントアンズGC>

海外女子メジャー第4戦の「全英リコー女子オープン」が開幕。6人が出場している日本勢のなかで、今季国内女子ツアーで1勝をあげている比嘉真美子が気を吐いた。

2番、3番を連続バーディとすると、前半だけで4つスコアを伸ばして後半へ。さらに2つスコアを伸ばし、18番では5メートルのパーパットをねじ込み、6アンダーでフィニッシュ。首位と1打差の好発進を決めた。

岡山絵里は1オーバーの61位タイで予選通過圏内。畑岡奈紗、成田美寿々が3オーバーの102位タイ。上原彩子は4オーバーの113位タイ。横峯さくらは5オーバーの124位タイと大きく出遅れている。

首位には7アンダーをマークしたオーストラリアのミンジー・リー。比嘉に続き5アンダー・3位タイに国内女子ツアーメンバーのテレサ・ルー(台湾)ら4人。4アンダーグループにリディア・コ(ニュージーランド)ら3人がつけている。

ロレックスランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は、こちらも国内女子ツアーで今季1勝をあげているフェービー・ヤオ(台湾)らとともに1アンダー28位タイからのスタートとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ショット乱れ出遅れ、畑岡奈紗は出だし3連続ボギーに「アドレスが…」
・チップインバーディスタートも…、今季好調の成田美寿々は「消極的すぎた」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ