アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン

米国女子

アリヤ・ジュタヌガーンが今季3勝目、宮里美香52位タイ、畑岡奈紗59位タイ

2日続けて崩れなかったのは収穫といえる畑岡奈紗 アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン(2018)(最終日) 写真・村上航
2日続けて崩れなかったのは収穫といえる畑岡奈紗 アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン(2018)(最終日) 写真・村上航
<アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン 最終日◇29日◇ガレインGC(6,480ヤード・パー71)>

次週開催の「全英リコー女子オープン」の前哨戦として注目された、米国と欧州ツアーの共催大会「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン」。最終日が終了し、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が今季3勝目を飾った。

途中からジュタヌガーンとミンジー・リー(オーストラリア)の一騎打ち。16番を終えた時点でジュタヌガーンがトータル13アンダー、リーがトータル12アンダーとなったが、残り2ホールで崩れなかったジュタヌガーンに対し、リーもバーディを奪えずそのまま終了となった。

5打差の3位タイにコ・ジヨンとカン・ハエジの韓国勢。注目の宮里美香と畑岡奈紗は難コンディションの中、それぞれイーブンパーでまとめ、宮里はトータル2オーバーの52位タイ、畑岡がトータル3オーバーの59位タイ。ともに少し順位を上げてフィニッシュした。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・宮里美香は日本のプレーを視野も「積極的に海外を狙う」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ