マラソンクラシック

米国女子

カナダの妖精が首位タイに浮上!上原彩子、宮里美香、横峯さくらは予選落ち

首位タイに浮上したカナダの妖精 マラソンクラシック(2018)(2日目) 写真・Getty Images
首位タイに浮上したカナダの妖精 マラソンクラシック(2018)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<マラソンクラシック 2日目◇13日◇ハイランド・メドーズGC(6476ヤード・パー71)>

米国女子ツアー第20戦「マラソンクラシック」2日目。カナダの妖精ことブルック・ヘンダーソンが5バーディ・ノーボギーの「66」とスコアを5つ伸ばし、トータル9アンダーでキャロライン・ヘドバル(スウェーデン)と並ぶ首位タイに浮上した。

1打差の3位には首位から出たタイの25歳シダパ・スワンナプーラ。トータル7アンダーの4位タイには“ダンボ”の愛称で日本でも人気が高いチョン・インジ(韓国)ら3人がつけている。

日本勢最上位はトータル1アンダー44位タイの野村敏京。上原彩子、宮里美香、横峯さくらはそろってトータル1オーバー・72位で予選落ちとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ