ソーンベリー・クリークLPGAクラシック

米国女子

好調・畑岡奈紗は3アンダー・54位で初日を終了 上原彩子が3差5位と好発進

畑岡奈紗はアンダーパーのラウンドで初日を終えた(写真はKPMG女子PGA選手権) ソーンベリークリークLPGAクラシック  (2018)(初日) 写真・GettyImages
畑岡奈紗はアンダーパーのラウンドで初日を終えた(写真はKPMG女子PGA選手権) ソーンベリークリークLPGAクラシック (2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キャサリン・カーク -10 -10
2 キム・セヨン -9 -9
3 Brittany Marchand -8 -8
3 Megan Khang -8 -8
5T Peiyun Chien -7 -7
5T カロータ・シガンダ -7 -7
5T 上原 彩子 -7 -7
5T ブルック・ヘンダーソン -7 -7
5T Emma Talley -7 -7
5T サンドラ・ガル -7 -7
<ソーンベリークリークLPGAクラシック 初日◇5日◇ソーンベリークリークatオナイダ(6,624ヤード・パー72)>

ウィスコンシン州のソーンベリークリークatオナイダを舞台に、米国女子ツアー「ソーンベリークリークLPGAクラシック」が開幕。初日を終え、単独トップに立ったのは10アンダーのキャサリン・カーク(オーストラリア)。10バーディ・ノーボギーの「62」と好スコアをマークした。

1打差の2位にはキム・セヨン(韓国)、2打差の3位タイにメーガン・カン(米国)、ブリタニー・マーチャンド(カナダ)と続く。

2週前の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で米国初優勝、続くメジャー「KPMG女子PGA選手権」ではプレーオフの末に敗れたが堂々の優勝争いを繰り広げた畑岡奈紗は、3バーディ・ノーボギーの「69」でラウンド。首位と7打差・54位タイ発進となった。

日本選手の最上位は7バーディ・ノーボギーで5位タイと好スタートを切った上原彩子。横峯さくらも4アンダー・34位タイとまずまずの滑り出しを見せた。野村敏京は2オーバー・130位タイと出遅れた。

世界ランク3位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は6アンダー・12位タイ。前週、畑岡を下し優勝したパク・ソンヒョン(韓国)は野村と並び2オーバー・130位タイからのスタートとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ