KPMG全米女子プロゴルフ選手権

米国女子

畑岡奈紗はプレーオフ敗退で2位タイ パク・スンヒョンがメジャー2勝目

パク・スンヒョンがメジャー2勝目達成 KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
パク・スンヒョンがメジャー2勝目達成 KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 パク・ソンヒョン -3 -10
2T 畑岡 奈紗 -8 -10
2T ユ・ソヨン +1 -10
4T ジェシカ・コルダ -4 -7
4T Angel Yin -1 -7
6T チャーリー・ハル -5 -6
6T ブルック・ヘンダーソン +2 -6
8T ジャッキー・コンコリーノ -5 -5
8T リセット・サラス -2 -5
8T キム・インキョン -1 -5
<KPMG女子PGA選手権 最終日◇1日◇ケンパーレイクスGC(6,741ヤード・パー72)>

プレーオフに突入した海外女子メジャー第3戦「KPMG女子PGA選手権」最終ラウンド。期待の畑岡奈紗は1ホール目をパー、ユ・ソヨンとパク・スンヒョン(ともに韓国)がバーディとし、2ホール目に入ったが、悪天候のため中断。

再開された2ホール目の16番でパクがバーディを奪い激闘を制し、昨年の「全米女子オープン」以来となる海外女子メジャー2勝目を飾った。

畑岡は2位タイでメジャー自己最高位。上原彩子はトータル8オーバーの60位タイ。横峯さくらはトータル10オーバーの66位タイで大会を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・横峯さくら、惜敗の畑岡奈紗に「祝福もするけど、負けない気持ちが大事」
・米ツアー先輩の上原彩子も畑岡奈紗を賞賛「すごくポテンシャルの高い子」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ