メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ

米国女子

横峯さくらは4打差6位タイで最終日へ エース達成の畑岡奈紗は47位タイ

6位タイに後退した横峯さくら メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ(2018)(3日目) 写真・Getty Images
6位タイに後退した横峯さくら メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ(2018)(3日目) 写真・Getty Images
<メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ 3日目◇16日◇ブライズフィールドCC(6624ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ」は3日目の競技が終了。1打差2位タイと最終組からスタートした横峯さくらは3バーディ・1ボギーの「70」とスコアを伸ばしたものの、首位と4打差のトータル14アンダー・6位タイに後退した。

「64」を出して、トータル18アンダーのトップに立ったのはリー・アン・ペース(南アフリカ)とアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)の2人。首位から出たユ・ソヨン(韓国)はトータル16アンダーの3位に順位を下げている。

その他、ホールインワンを達成した畑岡奈紗はトータル6アンダーの47位タイ。野村敏京はトータル3アンダーの70位タイにつけている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・今季2度目のエース達成 畑岡奈紗、賞金の車は「置くところがないです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ