メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ

米国女子

米初優勝に向けひた走る横峯さくら 自らが語る好調の要因は…?

横峯さくらは夫婦二人三脚で米国での初優勝を掴みにいく メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ(2018)(2日目) 写真・Getty Images
横峯さくらは夫婦二人三脚で米国での初優勝を掴みにいく メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ(2018)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ユ・ソヨン -5 -13
2T サンドラ・ガル -8 -12
2T 横峯 さくら -8 -12
4 キャロライン・マッソン -6 -11
5T リーアン・ペース -5 -10
5T アンナ・ノルドクビスト -4 -10
5T Su Oh -4 -10
8T アンジェラ・スタンフォード -5 -9
8T Ashleigh Buhai -5 -9
8T ソフィア・ポポフ -4 -9
<メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ 2日目◇15日◇ブライズフィールドCC(6624ヤード・パー72)>

米国の地で2週連続の優勝争いだ。「メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ」2日目が行われ、首位と4打差の10位タイから出た横峯さくらが、8バーディ・ノーボギーの「64」をマーク。トータル12アンダー、トップから1打差の2位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。

先週の「ショップライトLPGAクラシック」最終日に「61」を出した横峯が、「すごく良いラウンドだった」と自画自賛の18ホールでこの日もリーダーボードを駆け上がった。

10番からスタートすると、11番で2メートル、12番で8メートルのバーディパットを連取。さらに15番から3連続のバーディチャンスをきっちりと決め、前半だけで5つスコアを伸ばした。「15番はティショットが難しいのでフェアウェイにあってよかった。3.5メートルのバーディパットが決まって、良い流れが作れた」と勢いを加速させ、後半に入っても3バーディをゲット。さらにノーボギーと圧巻のプレーを披露した。

好調の理由について聞かれた横峯は、「去年まで気になっていたバンカーが気にならないくらいドライバーの飛距離が伸びたことが、一番の要因だと思う」と分析。「オフに頑張ってトレーニングしたものが、こうやって結果になって表れてくるとやり甲斐がある」と練習の成果がスコアメイクに繋がっていることを喜んだ。

また先週の優勝争いも、横峯に大きな影響を与える。「ショップライト前までは、ウォルマート(NWアーカンソー選手権)のマンデー(トーナメント)に行かなければいけないとか、何が何でも一つでも上に行かないといけないとか、色々考えていた」と出場権が確定しないがゆえのプレッシャーを抱えていた。しかし、「2位に入れたので、ウォルマート後のリシャッフルで(優先順位が上がり)後半戦に出られそうなので、すごくよかった」と重荷が外れ、プレーに集中する状態を作ることに繋がった。

明日以降の戦いは、念願の米初優勝も視野に入る。しかし本人は「優勝と言う言葉はまだ早い。明日、明後日と1ホール1ホール大切にしていきたい」と慎重にプレーを続ける気持ちを口にした。今週も夫の森川陽太郎氏がキャディを務め、夫婦二人三脚で戦いに臨んでいる。心身ともに充実した状態で、横峯が自らの真価を発揮する。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・畑岡奈紗は不調の中でも「70」にまとめ47位タイ 「週末は60台を目指したい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ