メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ

米国女子

10位発進の横峯さくらら日本勢3人が好調 首位は8アンダーのユ・ソヨンら2人

ユ・ソヨンら2人が首位発進 日本勢3人もすぐ後ろから背中を追う メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ
(2018)(初日) 写真・GettyImages
ユ・ソヨンら2人が首位発進 日本勢3人もすぐ後ろから背中を追う メイジャーLPGAクラシック for シンプリーギブ (2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

<マイヤーLPGAクラシック 初日◇14日◇ブライズフィールドCC(6,624ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」初日が行われ、8アンダーをマークしたユ・ソヨン(韓国)、ケリー・ション(米国)の2人が首位発進した。ソヨンは8バーディ・ノーボギー、ションは1イーグル・7バーディ・1ボギーと一気にスコアを伸ばした。

2打差の3位タイはアンナ・トノルドクビス(スウェーデン)、オー・スヒョン(オーストラリア)、セリーヌ・エルバン(フランス)、リゼット・サラス(米国)の4人が続く。

先週の「ショップライトLPGAクラシック」で自身米ツアー最高位となる2位に入った横峯さくらが、5バーディ・1ボギーの「68」でラウンド。首位と4打差の4アンダー・10位タイと好調をキープしている。

野村敏京は3アンダー・25位タイ、畑岡奈紗も2アンダー・39位タイと、出場する日本勢3人はいずれもアンダーパーで初日を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
畑岡奈紗は持ち味を生かせず、後半に停滞 「パー5で取れないと厳しい」
野村敏京が今季初の初日「60」台をマーク 「久しぶりに良いスコアで終われた」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ