全米女子オープン

米国女子

「帰りたくない!」夢の舞台を楽しむ葭葉ルミ、56位T後退もFRは奮起へ

葭葉ルミは最終日に巻き返せるか!? 全米女子オープン(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
葭葉ルミは最終日に巻き返せるか!? 全米女子オープン(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アリヤ・ジュタヌガーン -5 -12
2 サラ・ジェーン・スミス +2 -8
3 キム・ヒョージュ -4 -6
4 Ji-Hyun Kim -2 -5
5T Madelene Sagstrom -2 -4
5T カルロタ・シガンダ -1 -4
5T インビー・パーク -1 -4
8 シュ・ウェイリン -2 -2
9T Megan Khang -3 -1
9T チ・ウンヒ -2 -1
<全米女子オープン 3日目◇2日◇ショール・クリーク(6,689ヤード・パー72)>

トータル1オーバー・25位タイで予選通過を果たした葭葉ルミ。日本勢は今大会9名の選手が参戦したが、決勝ラウンドに残ったのは葭葉と、畑岡奈紗の2名のみ。両者とも残り2日間で上位浮上を狙いたいところだったが、第3ラウンドを終えて、畑岡はトータルイーブンパー・15位タイと順位を上げたものの、葭葉は1バーディ・6ボギー・1ダブルボギーの「79」とスコアを崩し、トータル8オーバー・56位タイに後退した。

ホールアウト後には「昨日までと比べものにならないほど、難易度が上がった。決勝ラウンドで緊張感はあるなかで、自分の全力を出せたと思うので、納得したプレーはできました。昨年より上位にいきたい気持ちが強かったから残念です」と語った葭葉。

難易度の高いピンポジション、チャンスが少ない厳しい展開。「ティショット次第で難易度が上がる。いいショットをしないとピンに絡まない。ボギーで上がれるようにマネジメントしていましたが…」。17番では3打目を池に入れてしまい、痛恨のダブルボギーをたたいた。

ポジティブな要素は、昨年大会で4日間1位となったドライビングディスタンス。最終日を前に3位に浮上し「上がってきましたね(笑)。毎日よく振れています。3位でだいぶ満足しています」。(※259.68ヤード/現在1位のブリタニー・リンシコムは264.63ヤード)

ともかく最終日は上を目指すだけ。「あと1日チャンスはあるので、笑って帰れるように頑張りたい。帰りたくないですね、やっぱり夢の舞台なので。(もっと)上にいけるんじゃないか!と思っているので、頑張ります」と意気込んだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ