LPGAボルヴィック選手権

米国女子

首位スタートの畑岡奈紗は15位に後退 前日2位のミンジー・リーがトップに浮上

首位からスタートした畑岡奈紗だったが、この日は苦しいゴルフとなった 写真・Getty Images
首位からスタートした畑岡奈紗だったが、この日は苦しいゴルフとなった 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ミンジー・リー -4 -12
2T ステーシー・ルイス -5 -10
2T キム・インキョン -5 -10
2T ジョディ・イワートシャドフ -3 -10
2T Lindy Duncan -3 -10
6T Emma Talley -6 -9
6T キム・セヨン -5 -9
6T Su Oh -4 -9
6T Bronte Law -3 -9
6T ダニエル・カン -3 -9
<LPGAボルヴィック選手権 3日目◇26日◇トラビス・ポアントCC(6,734ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「LPGAボルヴィック選手権」3日目が行われ、首位からスタートした畑岡奈紗は3バーディ・5ボギーの「74」。スコアを2つ落とし、首位と5打差の15位タイに後退した。

この日4バーディ・ノーボギーの「68」でラウンドしたミンジー・リー(オーストラリア)が、畑岡に替わりトータル12アンダーでトップに立った。2打差の2位タイには、ステイシー・ルイス、リンディ・ダンカン(ともに米国)、キム・インキョン(韓国)、ジョディ・エワート(イングランド)の4人が続く。

上原彩子は5バーディ・2ボギーの「69」で11位タイと前日から1つ順位を上げた。また2日目に体調不良に苦しめられた横峯さくらは、スコアを3つ伸ばし42位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・体調不良から回復の横峯さくら  今後に向け「明日もアンダーパー」が目標
・辛く厳しいムービングデー 畑岡奈紗は「74」で首位陥落

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ