LPGAボルヴィック選手権

米国女子

畑岡奈紗が単独首位!上原彩子は12位T、横峯さくらは58位Tで決勝へ

ツアー初優勝にむけて好調! LPGAボルヴィック選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
ツアー初優勝にむけて好調! LPGAボルヴィック選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 畑岡 奈紗 -4 -9
2 ミンジー・リー -3 -8
3T Gaby Lopez -4 -7
3T ジョディ・イワートシャドフ -2 -7
3T Lindy Duncan -2 -7
6T Bronte Law -4 -6
6T フリエタ・グラナダ -3 -6
6T アリヤ・ジュタヌガーン -3 -6
6T Georgia Hall -2 -6
6T モリヤ・ジュタヌガーン E -6
<LPGAボルヴィック選手権 2日目◇25日◇トラビス・ポアントCC(6,734ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「LPGAボルヴィック選手権」の第2ラウンドが終了。1打差・5位タイから出た畑岡奈紗が7バーディ・3ボギーと4ストローク伸ばし、トータル9アンダー・単独首位で決勝ラウンドへ進出。念願のツアー初優勝に向けて順調に歩を進めている。

1打差・2位にはミンジー・リー(オーストラリア)、2打差・3位タイにはゲービー・ロペス(メキシコ)、ジョディ・エワート(イングランド)、リンディ・ダンカン(米国)が並んだ。

日本勢2番手にはトータル5アンダー・12位タイの上原彩子。10位タイに入った先週の「キングスミル選手権」に続いて好調をキープしている。今季ツアー2戦目となる横峯さくらはトータルイーブンパー・58位タイと辛くも予選通過。野村敏京はトータル7オーバー・132位タイと予選落ちとなった。

【2日目の順位】
1位:畑岡奈紗(-9)
2位:ミンジー・リー(-8)
3位T:ゲービー・ロペス(-7)
3位T:ジョディ・エワート(-7)
3位T:リンディ・ダンカン(-7)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・上原彩子は「粘り強く」週末へ パッティングに苦戦も好位置をキープ
・横峯さくらは薄氷の予選通過 体調不良で「思うようにスイングできなかった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ