キングスミル選手権

米国女子

畑岡奈紗は健闘もプレーオフで敗北 アリヤ・ジュタヌガーンが大会2勝目

大健闘を見せた畑岡奈紗 キングスミル選手権(2018)(最終日) 写真・GettyImages
大健闘を見せた畑岡奈紗 キングスミル選手権(2018)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アリヤ・ジュタヌガーン -5 -14
2T 畑岡 奈紗 -4 -14
2T チョン・インジ -3 -14
4 ブルック・ヘンダーソン -6 -13
5 Megan Khang -4 -12
6 オースティン・アーンスト E -10
7T Sherman Santiwiwatthanaphong -5 -9
7T チ・ウンヒ -5 -9
7T キャロライン・マッソン -4 -9
10T カトリオナ・マシュー -1 -8
<キングスミル選手権 最終日◇20日◇キングスミル・リゾート リバーC(6,475ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「キングスミル選手権」の最終ラウンドが終了。首位と1打差から出た畑岡奈紗が4バーディ・ノーボギーの「67」をマークして、トータル14アンダー・首位タイでホールアウト。勝負は首位に並んだアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)とチョン・インジ(韓国)とのプレーオフへともつれこんだ。

18番で行われたプレーオフ1ホール目は、畑岡とジュタヌガーンがバーディに対して、インジがパーとして脱落。畑岡とジュタヌガーンの一騎打ちで迎えた2ホール目。畑岡がバーディパットを外してパー、ジュタヌガーンがバーディを奪取し、畑岡の念願のツアー初優勝は叶わず。ジュタヌガーンが2016年以来の大会2勝目、ツアー8勝目を手にした。

日本勢の上原彩子はトータル6アンダー・11位タイから最終ラウンドをスタート。3バーディ・1ボギーの「69」をマークし、トータル8アンダー・10位タイに入った。

【最終結果】
優勝:アリヤ・ジュタヌガーン(-14)※プレーオフ
2位T:畑岡奈紗(-14)
2位T:チョン・インジ(-14)
4位:ブルック・ヘンダーソン(-13)
5位:メーガン・カン(-12)
6位:オースティン・アーネスト(-10)
10位T:上原彩子(-8)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ