ヒューゲル-JTBC LAオープン

米国女子

インビー・パークが首位発進 畑岡奈紗、上原彩子はともにイーブンパー・29位

インビー・パークが今大会でも強さを見せる ヒューゲルJTBC ロサンゼルス・オープン(2018)(初日) 写真・GettyImages
インビー・パークが今大会でも強さを見せる ヒューゲルJTBC ロサンゼルス・オープン(2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 インビー・パーク -5 -5
2 マリナ・アレックス -4 -4
3T Aditi Ashok -3 -3
3T モリヤ・ジュタヌガーン -3 -3
3T レクシー・トンプソン -3 -3
3T Emma Talley -3 -3
3T チ・ウンヒ -3 -3
3T パーニラ・リンドバーグ -3 -3
3T Caroline Inglis -3 -3
10T Lindsey Weaver -2 -2
<ヒューゲルJTBC ロサンゼルス・オープン 初日◇19日◇ウィルシェアCC(6,450ヤード・パー71)>

米国女子ツアーの新規大会「ヒューゲルJTBC ロサンゼルス・オープン」が現地時間19日(木)開幕。初日を終え、インビー・パーク(韓国)が6バーディ・1ボギーの「66」、5アンダーでトップに立った。今季ここまでの5戦で、優勝1度を含むトップ3・3度と強さを発揮する29歳が順調に滑り出した。

1打差の2位にマリナ・アレックス、3アンダーの3位タイにレクシー・トンプソン(ともに米国)、パーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)ら7人が続いている。

日本からは2名が出場。先週の「ロッテ選手権」で優勝争いに絡みながら19位タイに終わった畑岡奈紗は3バーディ・3ボギー、上原彩子も2バーディ・2ボギーでともにイブンパー・29位からのスタートとなった。

ロッテ選手権を途中棄権した野村敏京は、今大会にエントリーはしていたものの腰痛のため出場を取りやめた。

【初日の順位】
1位:インビー・パーク(-5)
2位:マリナ・アレックス(-4)
3位:アディティ・アショク(-3)
3位:モリヤ・ジュタヌガーン(-3)
3位:レクシー・トンプソン(-3)
3位:エマ・タリー(-3)
3位:ジ・ウンヒ(-3)
3位:パーニラ・リンドベルグ(-3)
3位:キャロライン・イングリス(-3)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ