ANAインスピレーション

米国女子

「去年より進化している」 上原彩子は5打差・9位で最終日へ

上原彩子が9位で最終日へ ANAインスピレーション(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
上原彩子が9位で最終日へ ANAインスピレーション(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

<ANAインスピレーション 3日目◇1日◇ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントC(6,763ヤード・パー72)>

米国女子メジャー初戦「ANAインスピレーション」の3日目。全選手がこの日の競技を終え、ペニッラ・リンドバーグ(スウェーデン)がトータル14アンダー・単独首位に立った。

3打差・単独2位にはエイミー・オルソン(米国)、首位と4打差・3位タイには、パク・ソンヒョン(韓国)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、インビー・パーク(韓国)ら6人が並んだ。

トータル7アンダー・4位タイから出た上原彩子は、3バーディ・1ボギーの「70」でホールアウトし、トータル9アンダー・9位で最終日を迎える。

昨年の海外メジャー「エビアン選手権」では10位タイと好成績をマークした上原。「明らかに去年よりも、エビアンのときよりも進化している。それはすごく大きいし自信にもなる。あしたは上に追いつけるように頑張ります」と最終日を見据えた。

その他日本勢では、鈴木愛が2バーディ・7ボギー・1ダブルボギーの「80」、トータル9オーバー・76位で第3ラウンドを終了。トータル1アンダー・41位タイから出た畑岡奈紗は、4バーディ・2ボギーの「70」をマーク。トータル3アンダー・32位タイで3日目を終え、「トップはずば抜けているけど、まだ追いつけない差じゃないと思う。明日はまず、60台で回りたい」と意気込んだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・鈴木愛は失速で最下位「何一ついいことがなかった」
・上位を狙う!畑岡奈紗はスコア伸ばすも「まだまだ不満」
・レディスクラブでメジャー優勝へ!? 首位のパーニラ・リンドベルグってどんな人?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ