ISPSハンダ・女子豪州オープン

米国女子

「そんなに悪い内容ではない」畑岡奈紗が上位を維持して最終日へ!

昨年とは一味違う!上位で最終日に挑む ISPSハンダ・女子豪州オープン(2018)(3日目) 写真・Getty Images
昨年とは一味違う!上位で最終日に挑む ISPSハンダ・女子豪州オープン(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Jin Young Ko -1 -11
2 Hannah Green -6 -7
3T Hyejin Choi -2 -6
3T 柳 先暎 E -6
5T ミンジー・リー -3 -5
5T 畑岡 奈紗 E -5
7T ユ・ソヨン -4 -4
7T カリン・イシェル -2 -4
7T シェラ・チョイ -2 -4
7T モー・マーティン E -4
<ISPSハンダ・女子豪州オープン 3日目◇17日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>

第3ラウンドでスコアを崩した昨年から一転、畑岡奈紗が今年は5位タイと上位につけて最終ラウンドに挑む。

オーストラリアのクーヨンガGCにて行われている米国女子ツアー第2戦「ISPSハンダ・女子豪州オープン」3日目。トータル5アンダー・単独5位から出た畑岡奈紗が、第3ラウンドを3バーディ・3ボギーのイーブンパーでフィニッシュし、首位と6打差の5位タイにつけた。

うまくスコアを伸ばしきれなかった要因として挙げたのが、「ティショットが荒れている」こと。フェアウェイキープ率を見てみると、初日が57%、5ストローク伸ばした2日目は64%だったのに対し、この日は43%と低迷。

それでも、「パターでうまく拾えている部分がたくさんあったので、そんなに悪い内容ではないと思います」と、パッティングでカバーして崩れることなくイーブンで押さえた。

昨年大会では、トータル4アンダー・20位タイで自身初の米国ツアー決勝ラウンド進出を決めたが、強風に対応できずに第3ラウンドで“79”と後退した。しかし、今年は上位をキープしたまま迎える最終日。「明日は朝いちから、いいスタートを切れるようにしたいです」と、さらに上を狙っていく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・山口すず夏が22位タイで第3R終了 「ローアマは獲りたいと思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ