エビアン選手権

米国女子

日本勢が好スタート!宮里藍、上原彩子が8位、野村敏京も6打差16位

日本勢が揃って好スタート!3アンダー8位タイにつけた宮里藍 エビアン選手権(2017)(2日目) 写真・村上航
日本勢が揃って好スタート!3アンダー8位タイにつけた宮里藍 エビアン選手権(2017)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

<エビアン選手権 初日◇15日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

14日(木)の競技が荒天のためキャンセルとなり、仕切り直しとなった海外女子メジャーの最終戦「エビアン選手権」初日。全選手がこの日の競技を終え、今大会が現役ラストゲームとなる宮里藍は、3アンダー8位タイと好スタートを切った。

宮里と同じ午前組でスタートした上原彩子も7バーディ・4ボギーと3アンダー・8位タイ。午後組の野村敏京は2アンダー・16位タイと日本勢は揃って順調な滑り出しを見せた。

トップは1イーグル・7バーディ・1ボギーの“63”と圧巻のプレーを見せた8アンダーのパク ソンヒョン(韓国)。2打差の2位にモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、5アンダーの3打差3位タイにキャサリン・カーク(オーストラリア)、 アンナ・ノードクビスト(スウェーデン)がつけている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「やり直したとしてもやるべきことは同じ」宮里藍、第1ラウンド後の一問一答

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ