キャンビアポートランドクラシック

米国女子

宮里藍が2差4位、畑岡奈紗も3差7位と好位置で決勝Rへ

宮里、好位置につけ週末へ!優勝は射程圏内だ キャンビアポートランドクラシック(2017)(2日目) 写真・Getty Images
宮里、好位置につけ週末へ!優勝は射程圏内だ キャンビアポートランドクラシック(2017)(2日目) 写真・Getty Images
<キャンビアポートランドクラシック 2日目◇1日◇コロンビア・エッジウォーターCC(6,476ヤード・パー72)>

宮里藍の米国でのラストマッチとなる「キャンビアポートランドクラシック」の2日目。18位から出た宮里は6バーディ・1ボギーの“67”をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル8アンダー、トップと2打差の4位タイと優勝を視界に入れ決勝ラウンドに進出した。

畑岡奈紗は2つスコアを伸ばしトータル7アンダーでフィニッシュ。こちらも7位タイと優勝を射程県内に入れて大会を折り返した。上原彩子はトータ3ルアンダー38位タイ、横峯さくらはカットラインギリギリのトータル1アンダー63位タイで決勝ラウンドに進出した。宮里美香はトータル3オーバー104位タイで予選落ちとなった。

この日8つスコアを伸ばしたステーシー・ルイス(米国)、大会3連覇を狙うブルック・ヘンダーソン(カナダ)、チョン・インジ(韓国)の3選手がトータル10アンダーで首位タイに。宮里と並び2打差の4位タイにはジョディ・イワートシャドフ(イングランド)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)がつけた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ