マラソンクラシック

米国女子

美人プロ ネリー・コルダはツアー初制覇ならず キム・インキョンが逆転優勝

逆転優勝を果たしたキム・インキョン マラソン・クラシック(2017)(最終日) 写真・GettyImages
逆転優勝を果たしたキム・インキョン マラソン・クラシック(2017)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・インキョン -8 -21
2 レクシー・トンプソン -5 -17
3T Peiyun Chien -3 -15
3T ゲリーナ・ピラー -3 -15
5 サンドラ・チャンキーヤ -2 -14
6T キム・カウフマン -6 -13
6T Sung Hyun Park -1 -13
8T アンジェラ・スタンフォード -6 -12
8T Angel Yin -4 -12
8T ブリタニー・リンシカム -1 -12
<マラソン・クラシック 最終日◇24日◇ハイランド・メドーズGC(6,476ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「マラソン・クラシック」の最終日。トータル13アンダーの首位から2打差の2位でスタートしたキム・インキョン(韓国)が、8バーディ・ノーボギーの“63”でラウンド。トータル21アンダーでフィニッシュし、大逆転での優勝を果たした。

4打差の2位には、この日5つスコアを伸ばしたレクシー・トンプソン(米国)。6打差の3位タイには、チェン・ペイユン(台湾)、ゲリナ・ピラー(米国)が入った。3日目に単独首位に立ったネリー・コルダ(米国)は“74”と崩れ8位タイ。ツアー初優勝はならなかった。

この大会に出場していた4人の日本勢は、残念ながら全員予選落ちとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ