マニュライフLPGAクラシック

米国女子

花粉が影響?畑岡奈紗が胸部の痛みを訴えて途中棄権 症状は2週間前から

途中棄権となった畑岡奈紗 マニュライフLPGAクラシック(2017)(2日目) 写真・Getty Images
途中棄権となった畑岡奈紗 マニュライフLPGAクラシック(2017)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T レクシー・トンプソン -7 -12
1T アレイナ・シャープ -6 -12
1T キム・ヒョージュ -5 -12
4T Perrine Delacour -10 -11
4T Lindy Duncan -7 -11
4T チョン・インジ -6 -11
7T Bronte Law -7 -10
7T ミンジー・リー -6 -10
7T フォン・シャンシャン -3 -10
10T フェリシティー・ジョンソン -7 -9
<マニュライフLPGAクラシック 2日目◇9日◇ホイッスル・ベアーGC(6,613ヤード・パー72)>

カナダのホイッスル・ベアーGCで開催されている、米国女子ツアー「マニュライフLPGAクラシック」の第2ラウンド。初日を2オーバーで終えた畑岡奈紗はこの日のイン9ホールを終えたところで胸部の痛みを訴えて途中棄権した。この日の畑岡はハーフで4ボギー・1ダブルボギーと6つスコアを落としていた。

険しい表情で引き上げてきた畑岡は胸部の痛みについて「アレルギーから来てるかどうかは分からない。咳は出ないが、花粉が影響してるのかなと思う」と話し、打撲などではない様子。この後コースのドクターの診察を受けた。

マネージャーによれば「2週間くらい前から少しずつ症状(胸部の痛み)が出始め、今週月曜日の全米女子オープン予選会の時が一番ひどかった。今日もラフなどから打ち出すとき痛みがあった」という。診察の結果、必要であれば外部の病院で精密検査を受ける。

【2日目の順位】
1位T:レキシー・トンプソン(-12)
1位T:アレイナ・シャープ(-12)
1位T:キム ヒョージュ(-12)
4位T:ペリーン・デラクール(-11)
4位T:リンディ・ダンカン(-11)
4位T:チョン・インジ(-11)
7位T:ブロンテ・ロウ(-10)
7位T:ミンジー・リー(-10)
7位T:フォン シャンシャン(-10)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング