ショップライトLPGAクラシック Presented by ACER

米国女子

横峯さくら、イーグル奪取で36位も「ぜんぜん稼げていない」

最終日2つ伸ばして日本勢最上位でフィニッシュした横峯さくら ショップライトLPGAクラシック(2017)(最終日) 写真・Getty Images(写真は2日目)
最終日2つ伸ばして日本勢最上位でフィニッシュした横峯さくら ショップライトLPGAクラシック(2017)(最終日) 写真・Getty Images(写真は2日目)
<ショップライトLPGAクラシック 最終日◇4日◇ストックトン・シービュー・ホテル&GC ベイC(6,177ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「ショップライトLPGAクラシック」は最終ラウンドを行い、横峯さくらが決勝ラウンドに進んだ日本勢で最上位となるトータル1アンダー36位タイでフィニッシュした。

トータル1オーバーの48位タイから出た横峯は2番(パー4)でボギーが先行するも、3番(パー5)、5番(パー4)と2つのバーディでカムバック。6番(パー4)はボギーとしたものの、9番のパー5ではティショットをかっ飛ばし、セカンドでピン右10メートルに2オン成功。これを沈めてイーグルとした。後半は13番(パー4)でボギーが来るも最終18番(パー5)をバーディで締めた。

ホールアウト後は「爆発的なスコアを目指してプレーしていたので、2アンダーはまずまずかな、と思う。最後にバーディも取れたし。やっぱり3日間を通してアンダーパーで回ることが今の目標なので、2日目にオーバーパーを打ってしまったのは残念ではあります」と話した。序盤はパッティングのタッチに苦しんだが「ずっとショートしてた。10歩の距離だったら11歩分を打つ、というふうに多めに読んだら、後半の後半はタッチが合ってくれた」と修正し浮上につなげた。

1週間のオフを挟んで次戦は6月15日(木)からの「マイヤーLPGAクラシック」。「本当に全然稼げていないので、しっかり稼げるように1週間のオフを過ごせるといい」。テーマとする100ヤード以内の精度アップを中心に精力的に調整を進めるつもりだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ