オリンピック女子ゴルフ

米国女子

大山志保が帰国「やっぱり東京も出たくなりました!」

リオから帰国し、現在の心境を語った大山志保
リオから帰国し、現在の心境を語った大山志保
 リオ五輪女子ゴルフ代表の大山志保が昨日、ブラジルから帰国。都内で行われた日本選手団の解団式に参加した。

 成績こそ振るわなかったが、闘志むき出しのプレーで日本のファンも魅了した。20日の最終日のプレーを終えて、翌日の閉会式に参加した大山。そこでも大きな刺激を受けた。

「初めて鳥肌が立ちました。サンバがかかったとき、本当は踊れませんが、ノリノリで踊っていました。他の選手とも話したりして、やっぱりまた東京でも味わいたいなと思いました」

 大山にとって五輪出場は悲願だった。日本代表の看板を背負って戦った4日間は、

「どの瞬間も最高でした」

 と、感慨深げに話す。あっという間だったという戦いだけでは物足りない。気持ちは4年後にも向いているという。

「年齢とかケガとか関係なく、思いがあれば道は開けます。今回の五輪で後悔した日は1日もありません。オリンピアンというものは一生ついてくるもの。今後もスポーツ選手として人間力を高めていきたいです。本当に光栄なことです」

 熱い魂をたぎらせた大山の夏はこれで第一章を終えたが、来週からは国内ツアーに復帰する。今季は4月に1勝を挙げたとはいえ、思うような成績を残せていない。まだまだ発展途上の39歳が、国内で始まる第2章でもファンを魅了する。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ