ブルーベイLPGA

米国女子

最終18番でバーディ決着、キム・セヨンが今季3勝目!

ルーキーオブザイヤーランキングでトップにつけるキム・セヨンが3勝目! ブルーベイLPGA(2015)(最終日) 写真・Getty Images
ルーキーオブザイヤーランキングでトップにつけるキム・セヨンが3勝目! ブルーベイLPGA(2015)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

ブルーベイLPGA(10月29日~11月1日、中国・ジャン・レイク・ブルーベイGC、6778ヤード、パー72)

 大会最終日。キム・セヨン(韓国)が通算2アンダーで2位に1打差をつけて今季3勝目を挙げた。ステーシー・ルイス、キャンディ・クン(台湾)、キム・カウフマンが通算1アンダーの2位タイ。4位タイから出た野村敏京は78と崩れ、通算8オーバーの23位タイに終わった。

 スタート時は初日からの強風が続き、終盤は風が弱まったものの雨まじりの難コンデションとなった最終日。首位タイのキム・セヨンとキャンディ・クン、1打差の3位でステーシー・ルイスという最終組の3人による優勝争いとなった。

 首位タイのキムが1番バーディのあと2番でボギーをたたき、前半を通算イーブンで終えると同じく首位タイのクンは2バーディ、1ボギーと一つスコアを伸ばして通算1アンダー。1打差のルイスは1番、2番で連続バーディを奪うなど3バーディ、1ボギーとスコアを二つ伸ばし、通算1アンダーでクンと並んで首位タイに浮上。

 後半に入り、クン、ルイスが1バーディ、1ボギーとスコアを伸ばせない中、キムは13番、14番で連続バーディを奪い、通算2アンダーで単独首位に浮上。しかし、終盤の17番でボギーをたたき、3人が首位タイで迎えた最終18番。キムがバーディを奪い、通算2アンダーで2位に1打差をつけて、ピュアシルク・バハマLPGAクラシック、ロッテ選手権に次ぐ今季3勝目を挙げた。

 4位タイから出たキム・カウフマンが4バーディ、1ボギーの69で回り、通算1アンダーの2位タイに入った。初日首位に立った地元中国出身の林 希妤は、通算3オーバーの5位タイ。世界ランキング1位のリディア・コ(ニュージーランド)は通算4オーバーの8位タイで大会を終えた。

 首位に2打差の4位タイからツアー初優勝を目指した野村敏京は、バーディを奪えずに4ボギー、1ダブルボギーの78と大たたき。スコアを6つ落として通算8オーバーの23位タイに終わった。20位タイから出た横峯さくらは2バーディ、4ボギーの74で回り、同じく通算8オーバーの23位タイ。

 3日目に2アンダーの好スコアをマークして11位タイにつけた上原彩子は、1番でダブルボギーをたたくなど、1バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの79と崩れ、通算11オーバーの36位タイ。森田遥も同じく1バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの79、通算20オーバーの64位に終わった。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング