全英リコー女子オープン

米国女子

朴仁妃が逆転で全英初制覇! 宮里美香は7位タイに終わる

メジャー7勝目、ツアー通算15勝目を逆転優勝で決めた朴仁妃 全英リコー女子オープン(2015)(最終日) 写真・村上航
メジャー7勝目、ツアー通算15勝目を逆転優勝で決めた朴仁妃 全英リコー女子オープン(2015)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 インビー・パーク -7 -12
2 Jin Young Ko -1 -9
3T ユ・ソヨン -4 -8
3T リディア・コ -3 -8
5 スーザン・ペテルセン E -7
6 テレサ・ルー +2 -6
7T アンナ・ノルドクビスト -3 -5
7T 宮里 美香 +1 -5
9T Amy Boulden -1 -4
9T メル・リード E -4
全英リコー女子オープン(7月30日~8月2日、英国スコットランド・トランプターンベリーリゾート、6410ヤード、パー72)

 現地時間2日に行われた大会最終日。5位から出た朴仁妃(韓国)が通算12アンダーで3打差を逆転し、初の全英リコー女子オープン制覇を果たした。初優勝を目指した宮里美香は、終盤崩れて73と伸ばせず、通算5アンダーの7位タイに終わった。

 5位タイからスタートした朴仁妃は、出だし2番から2連続バーディを奪ったものの、続く4番、5番と連続ボギー。しかし、7番のバーディで流れをつかむと3連続バーディ。折り返して10番もバーディとし、これで4連続。さらに14番パー5でイーグル、16番バーディの猛チャージを見せ、1イーグル、7バーディ、2ボギーの65をマーク。通算12アンダーで3打差を逆転し、全英リコー女子オープン初制覇。3連覇を果たした今季の全米女子プロに続くメジャー通算7勝目を飾った。

 悲願のメジャー制覇を目指し。2打差の4位からスタートした宮里美香。1番でバーディが先行すると、前半は2バーディ、1ボギーと一つスコアを伸ばして後半へ。11番でボギーをたたいたものの、14番のイーグルで通算8アンダーと優勝の可能性を残したが、続く15番、16番を連続ボギー。最終18番もボギーをたたき、1イーグル、2バーディ、4ボギーの73。一つスコアを落として通算5アンダーの7位タイに終わった。それでも来季の出場権(15位タイまで)を獲得し、自身7度目のメジャートップ10フィニッシュを果たした。

 首位タイスタートのコ・ジンヨン(韓国)は7番でイーグル、8番、10番のバーディで首位を快走していたが、13番でボギーをたたくと16番パー4では、2打目がグリーン手前のクリークにつかまって痛恨のダブルボギー。71でホールアウトし、通算9アンダーの2位に終わった。

 同じく首位タイのテレサ・ルー(台湾)は、1番でいきなりダブルボギーをたたくなど序盤で脱落。2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの74で通算6アンダーの6位。通算8アンダーの3位タイにはリディア・コ(ニュージーランド)と柳 簫然(韓国)。3位スタートのスーザン・ペテルセン(ノルウェー)は通算7アンダーの5位に終わった。

 また、横峯さくらは5バーディ、4ボギーの71で回り、通算5オーバーの36位タイ。成田美寿々は1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの77と5つスコアを落とし、通算9オーバーの50位タイで大会を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ