全英リコー女子オープン

米国女子

全英女子制覇へ勢いに乗る大山志保

全米女子オープン以来3週間ぶりの試合と休養十分で今大会に臨む大山志保 全英リコー女子オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
全米女子オープン以来3週間ぶりの試合と休養十分で今大会に臨む大山志保 全英リコー女子オープン(2015)(事前情報) 写真・村上航
全英リコー女子オープン(7月30日~8月2日、英国スコットランド・トランプターンベリーリゾート、パー72)

 明日から開幕する全英リコー女子オープン。大会に出場する日本選手は計9人。

 米ツアーを主戦場とする宮里藍、宮里美香、横峯さくら、野村敏京のほか、日本ツアーからは大山志保、成田美寿々、渡邉彩香、笠りつ子、吉田弓美子が出場する。

 会場はスコットランドのトランプ・ターンベリー・リゾート。7月27日の月曜日の朝から現場に入ったが、天候は曇りと大雨。翌日の火曜日も雨が降り、水曜日の今日、ようやく晴れ渡った。

 ただ、明日からは再び天気が崩れる予報で、天候との戦いを余儀なくされる。

 全英女子オープン初挑戦の笠りつ子、吉田弓美子は月曜日から練習ラウンドをこなしたが、「これぞ全英って感じですね」と口をそろえていたし、去年に続いて大会2度目の出場となる渡邉彩香も「全英らしいな」とつぶやいていた。

 全英のリンクスコースでの悪天候と強風との戦いは、すべての選手が覚悟の上だ。

「私は風とぶつかっていくというよりも、仲良くするのが好きなので、そこで自分の技術をどれだけ試せるかですね」

 そう語るのは、6月の全米女子オープンで5位タイに入った大山志保。今大会に出場している日本人選手のなかでは、もっとも勢いに乗っていると言っていいだろう。
日本選手で唯一、大会公式パンフレットに紹介されている大山志保(右端) 全英リコー女子オープン(2015)(事前情報) 
日本選手で唯一、大会公式パンフレットに紹介されている大山志保(右端) 全英リコー女子オープン(2015)(事前情報)  【拡大】
 大会が発行する公式パンフレットの選手紹介欄に掲載されている日本人選手は、大山志保の一人だけ。宮里藍や宮里美香など、ほかの日本人選手が出ていないのは寂しいかぎりだが、これが今の日本人選手の実力なのだろう。
ただ、38歳ながら全米女子オープンで優勝争いを演じた大山には、大会側も期待しているのかもしれない。

「風が強く吹いたりするホールもありますが、すごく楽しくラウンドできました」

 月曜日と今日、入念にラウンドをこなした大山は、先週は日本ツアーを休んで、地元の宮崎で過ごしたが、雨が続いて練習できたのは2日間だけ。ある意味、しっかり体を休めてから、この大会に挑めているというわけだ。

 大山が続ける。

「全米女子オープンで、一番足りなかったのはメンタル面です。途中で、『優勝できる』って思って、欲が出てしまったのがいけませんでしたね(笑)。だから今週のテーマは“平常心”です。優勝争いをしても、気持ちを落ち着かせていけば、いい結果が見えてくると思います」

 来年の五輪出場も見据えている大山は、今大会でもいい結果を残して、ワールドランキングを上げていきたいのは当然。

 18ホール中、4ホール(3番、7番、14番、17番)がパー5で、それぞれのヤーデージは460ヤード前後。ここがバーディチャンスのホールだが、「天候によっては、バーディを取れるかどうか、スコアがどう動くかわからないし、優勝スコアもなかなか予想しづらい」と大山はいう。

 明日の初日をどう切り抜けるかで、優勝争いの行方は大きく変わってくるに違いない。大山のビッグタイトル奪取は、決して非現実的ではないだろう。

文・キム ミョンウ

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ