ショップライトLPGAクラシック

米国女子

上原彩子、最終日に伸ばせず「これが今の実力」

上位を目指した最終日にスコアを伸ばせず、課題を残した上原彩子 ショップライトLPGAクラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
上位を目指した最終日にスコアを伸ばせず、課題を残した上原彩子 ショップライトLPGAクラシック(2015)(最終日) 写真・Getty Images
ショップライトLPGAクラシック(5月29日~31日、米国ニュージャージー州・ストックトンシービューホテル&GCベイC、6177ヤード、パー71)

 2日目に68をマークして11位タイに浮上した上原彩子。さらに上位を目指した最終日、2番でボギーが先行し、4番で二つめのボギーをたたく苦しいスタート。それでも5番、8番のバーディでイーブンに戻して前半を終え、巻き返しを狙った後半は2ボギーに終わり、2バーディ、4ボギーの73。二つスコアを落として通算イーブンパーの33位タイに終わった。

「せめてイーブンでは回りたかったけど、ほんとに下手だなと思った。スピード感も合わせられず2回も3パットをしてしまった。昨日はチャンスがほとんど入ってくれたけど、今日はほんとに何もできなかった。これが今の実力だと思います」

 パッティングの課題が浮き彫りとなった。

「もっと安定したスピード感を出せる技術も必要だし、もちろんラインもまだまだ読めていない。こういうバンピーなグリーンでも読めないと入らないし、この課題を克服しないと上に行けないと思います」

 来週はメジャー前の1試合となるが。

「メジャーに向けて、なにか変えた取り組みをすることはない。今までどおり同じミスをしないよう、しっかりと課題を一つずつ埋めていきたいです。全米女子プロゴルフ選手権の開催コースも行ったんですけど、そうとう難しかった。距離が長いし、グリーンのアンジュレーションもすごかったです」

宮里美香(33位タイ、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの73、通算1アンダー)
「風は朝から強くて、2番でOKバーディについて、それからずっと我慢をしていたけど、80ヤード以内のショットがオーバーして、もったいないミスが多かったので悔いが残ります。(3日間を振り返ると)最終日に落としてしまった悔しさもあるし、初日からいいゴルフができたというのもあって半々と複雑ですね。ショットがよかったのは収穫でした。(幼なじみの富村真治がミズノオープン3位タイで全英オープンの出場権を獲得)もう気になって朝の4時くらいから起きていた。ほんとに弟みたいな感じなので、うれしすぎてちょっと自分のプレーに集中できなかったかも(笑)」

宮里藍(42位タイ、4バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの73、通算1オーバー)
「なかなかタフな一日で、風も3日間で一番強かった。バーディも取れているのでいちがいに悪かったとは言えないんですけど、ちょっとかみ合わなかったですね。今日はちょっとついてなかったなというパットが多かったですが、また運は巡ってくると思います。ショットは、去年から取り組んでいるトレーニングの感じがよくなってきているので、コースが変わっても維持できるようにしたい。来週は新しいコース、いいコースと聞いているのでまた頑張りたいです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ