JTBCファウンダーズカップ

米国女子

宮里藍「日曜日にこれだけ伸ばせたのは自信なる」

最終日66をマークして17位タイに入り、ファンのサインにも笑顔で応じる宮里藍 JTBCファウンダーズカップ(2015)(最終日) 写真・Getty Images
最終日66をマークして17位タイに入り、ファンのサインにも笑顔で応じる宮里藍 JTBCファウンダーズカップ(2015)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

JTBCファウンダーズカップ(3月19日~22日、米国アリゾナ州・ワイルドファイアGC、6601ヤード、パー72)

 3日目は71で終えたものの、「明日はどこまでできるか楽しみ」と最終日の巻き返しに自信を見せた宮里藍。出だしの1番でバーディを奪うと3番、4番を連続バーディ、さらに6番、7番、9番のバーディで前半6つ伸ばし、2013年大会で自身がたたき出したコースレコード63も見えてきた。しかし、10番で3パットのボギーをたたくと、後半は2バーディ、2ボギーと伸ばせずに66。それでも43位タイから通算12アンダーの17位タイへ順位を上げて大会を終えた。

「いい形で1番からスタートできた。そのあとも流れを切らさずショットもパットも打てていた。日曜日にこれだけ伸ばせたのは自信にもなるし、すごくいい一日だったと思います」

 ショット、パットも好調で60台が出そうな雰囲気があった。

「1番ホールからイメージどおりのいいスイングができた。昨日までのちょっと左につかまるという懸念が、1番ホールから飛んだのがよかったです。前半であそこまで(6アンダー)いくと、どうしても、もっともっとという気持ちが出て、空回りしたところもあったけど、それも含めてすごくいいラウンドだったと思います」

 今年はコンスタントにトップ20に入りたいという目標がある。

「去年からずっと取り組んでいることが少しずつ形になってきています。その積み重ねがないと今日のようなプレーにはつながらない。自分のゴルフが少しずつできてきて、今年初めてトップ20に入れたので、これからもこういうふうに1つ1つやっていきたいと思います」

 4日間、すべてアンダパーで回り、久しぶりに上位フィニッシュを果たした宮里。3年ぶりの勝利も期待できそうだ。

【日本選手のコメント】

野村敏京(24位タイ、6バーディ、2ボギーの68、通算11アンダー)
「前半は3つのバーディでいい流れだったのに、8番はカラーから3パットしてボギーをたたき、流れを止めてしまった。でも後半もスコアを伸ばせてよかったです。ショット、パットともに全体的には悪くないので、来週もこのままいきたい」

宮里美香(37位タイ、5バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの70、通算8アンダー)
「4日間通じてビッグスコアは出せなかったけれど、アンダーで回れたのはよかったです。オフの成果でショットはよくなってきて手応えもあります。パットは毎日変わってしまうけど、悪いイメージはなく、いい感じできていると思います」

上原彩子(45位タイ、3バーディ、ノーボギーの69、通算7アンダー)
「今回はぎりぎりでも予選通過して、4日間プレーできたことはよかったです。(改造中の)ショットの手応えはいいし、パットも悪くない。グリーンと合ってきたらいくらでも爆発的なスコアは出ると思うので楽しみです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ