ISPSハンダ・女子豪州オープン

米国女子

ツアールーキーの横峯さくらが一気に爆発する可能性は十分!

日本勢3年ぶりの米ツアー優勝に向けて、日本の至宝・横峯さくらが米ツアーに挑む 写真・Getty Images
日本勢3年ぶりの米ツアー優勝に向けて、日本の至宝・横峯さくらが米ツアーに挑む 写真・Getty Images
 昨年12 月の最終予選会を11位タイで突破して、正式に米女子ツアーメンバーとなった横峯さくらが、自身2戦目となるISPSハンダ・オーストラリア女子オープン(19日開幕)に挑む。

 今季開幕戦のコーツ・ゴルフ選手権は予選会に挑戦しながら出場ならず。 ウェイティングも出場権はまわってこず、2戦目のピュア・シルク バハマ LPGAクラシックがメンバーとしてのデビュー戦となった。 初日を控えた練習日には、

「初戦のプレッシャーを感じていないといったらウソになりますが、先週からこっちに来て2週間。この試合で予選落ちすると、3週間収入がなくなるというプレッシャーはあります」

 と報道陣を笑わせた横峯だったが、本戦に入ってからは強風吹き荒れる難コンディションや連日のサスペンデッドなど、ルーキーとして洗礼を浴びる形となり、船出は予選落ちという厳しいものとなった。不安が現実のものとなってしまったが、そのためにも今度は、オーストラリアの地で結果を出したいところだ。

 実のところ予選会突破のカテゴリーは、出場優先順位12番目と決して高くない。全試合出場は難しく、横峯が話したこともまんざら冗談ではないわけであり、だからこそ常に上位争いをして自らの手で出場優先順位を上げていくしかない。もちろん、その辺の大変さは横峯自身が理解している。

「出られる試合にはすべて出たいと思います。とにかく早い段階から優勝争いをしていきたい」
米女子ツアーのメンバーとなった横峯さくらは、ツアーガイドの中でも注目選手として紹介 写真・Getty Images
米女子ツアーのメンバーとなった横峯さくらは、ツアーガイドの中でも注目選手として紹介 写真・Getty Images 【拡大】
 今週の舞台は、オーストラリアを代表する世界ゴルフ100選にも選ばれるロイヤル・メルボルンGC。海岸近くに位置し、強い風と硬く締まったグリーンが特徴だ。ひとたび攻め方を間違えると、一気にスコアを崩してしまう戦略性の高いコース。

「ルーキーとしていろいろなことがあると思いますが、とにかく早く慣れることが大事」

 と慎重に話すが、国内トップクラスの実力と経験がベースにあるだけに、むしろ横峯向きの舞台といえる。

「今年に入ってから調子はいいので、 楽しみです」

 海外転戦には、夫の森川陽太郎さんも同行。夫婦二人、新天地で結果を残す構えだ。

 本大会には横峯のほか、宮里藍、宮里美香、上原彩子、野村敏京などが参戦。今季を占う大事な一戦に注目したい。

週刊パーゴルフ(2015年3月3日号)掲載

ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンのテレビ中継はWOWOW。初日、2日目は無料放送!
https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/

昨年の賞金ランキングは日本勢最高の47位。今季初戦の野村敏京の活躍も見逃せない 写真・Getty Images
昨年の賞金ランキングは日本勢最高の47位。今季初戦の野村敏京の活躍も見逃せない 写真・Getty Images 【拡大】

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ