ピュアシルク・バハマLPGAクラシック

米国女子

宮里藍が暫定17位に浮上! 大会は3日連続サスペンデッド

この日は29ホールをプレーし、11バーディを奪って暫定17位タイに浮上した宮里藍 ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2015)(3日目) 写真・Getty Images
この日は29ホールをプレーし、11バーディを奪って暫定17位タイに浮上した宮里藍 ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2015)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2月5日~8日、バハマ・オーシャンCGC、6644ヤード、パー73)

 現地時間7日。早朝に第2ラウンドが再開され、続いて第3ラウンドがスタートしたが、3日連続でサスペンデッドとなった。宮里藍は第2ラウンドの残り11ホールと第3ラウンドのプレーを終え、通算6アンダーで暫定17位タイに浮上した。

 前日同様強風が吹くコンディションの中、第2ラウンドが再開され、宮里藍は残り11ホールで4バーディを奪って通算2アンダーの33位タイに入り、11位タイの宮里美香と決勝ラウンドへ進出。上原彩子はカットラインの1オーバー65位タイに1打足りず、横峯さくらとともに予選落ちが決定した。

 宮里藍は第3ラウンドに入ると、1番から5番までボギー、バーディを繰り返す出入りの激しいスタート。しかし、7番のバーディで流れが変わり、後半は4バーディ、ノーボギーと順調にスコアを伸ばして69をマーク。通算6アンダーの暫定17位タイに浮上した。

 5アンダーの11位タイからスタートした宮里美香は、5番までパーを重ねると6番、8番とバーディを奪って7アンダーまで伸ばしたが、9番で痛恨のダブルボギーをたたくと、後半12番もボギーとしたところでサスペンデッドとなった。一つスコアを落として、通算4アンダーの暫定32位タイに後退している。

 ゲリーナ・ピラーが9番を終えて3バーディを奪い、通算10アンダーの暫定首位。

 通算9アンダーの暫定2位には、レキシー・トンプソン、サンドラ・ガル(ドイツ)ら6人が並んでいる。

 ステーシー・ルイスは15ホールを終え、通算8アンダーで朴仁妃(韓国)らと並んで暫定8位タイ。世界ランキング1位のリディア・コ(ニュージーランド)は15番を終え、通算4アンダーの暫定32位タイに後退した。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ