サイムダービーLPGAマレーシア

米国女子

上原彩子が63をマークして2位に浮上! 首位は柳 簫然

8バーディ、ノーボギーの63をマークして2位タイに浮上した上原彩子 サイムダービーLPGAマレーシア(2014)(2日目) 写真・Getty Images
8バーディ、ノーボギーの63をマークして2位タイに浮上した上原彩子 サイムダービーLPGAマレーシア(2014)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

サイムダービーLPGAマレーシア(10月9~12日、マレーシア・クアラルンプールG&CC、6967ヤード、パー71)

 大会2日目。上原彩子が8バーディ、ノーボギー、63のビッグスコアで通算9アンダーの2位に浮上した。野村敏京は通算4アンダーの23位タイに後退。首位は柳 簫然(韓国)の通算11アンダー。

 1アンダーの30位の上原彩子が1番をバーディでスタートすると、5番から3連続バーディ、さらに9番もバーディで前半5つ伸ばし、通算6アンダー。後半に入っても13番、16番、最終18番と3バーディを奪い、8バーディ、ノーボギーの完璧なラウンドで63をマーク。通算9アンダーで首位に2打差の2位タイにジャンプアップした。

 一方、3アンダー11位からスタートした野村敏京は、1番でバーディ先行も続く2番でダブルボギー、8番、13番とバーディを奪ってアンダーパーの70で回ったものの、通算4アンダーの23位タイに後退した。

 初日は5アンダー2位の柳 簫然が、2番でバーディが先行すると、4番から4連続バーディ、後半も12番、13番の連続バーディと伸ばし、14番で唯一のボギーをたたいたものの、65でホールアウトし、通算11アンダーで単独首位に浮上した。

 初日首位に立った世界ランキング1位のステーシー・ルイスは、1番でボギースタート。4番から9番までバーディ、ボギーを繰り返す出入りの激しいゴルフとなり、4バーディ、4ボギーの71とスコアを伸ばせずに、通算6アンダーの11位タイに後退した。

 64をマークしたリディア・コ(ニュージーランド)とジョディ・イワートシャドフ(イギリス)の二人と67で回った池 恩熹(韓国)が上原と並んで2位タイ。

 通算8アンダーの6位タイにはフォン シャンシャン(中国)、アザハラ・ムニョス(スペイン)、ポルナノン・ファトラム(タイ)の3人が並び、上位は米国以外の選手が独占している。

 また、ディフェンディングチャンピオンのレキシー・トンプソンは、通算2オーバーの56位タイに沈んでいる。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング