U.S WOMEN'S OPEN Championship 2014 全米女子オープン

全米女子オープン

米国女子

【コメント集】森田理香子「私もアンダーパーが出せると思う」

グリーン周りを注意して決勝ラウンドを戦うという森田理香子 全米女子オープン(2014)(2日目) 写真・佐々木啓
グリーン周りを注意して決勝ラウンドを戦うという森田理香子 全米女子オープン(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ミシェル・ウィー -2 -4
2 レクシー・トンプソン -2 -1
3T エイミー・ヤン -1 E
3T *LEE, Minjee +1 E
3T ステーシー・ルイス +3 E
6 崔 羅蓮 E +1
7T 横峯 さくら -2 +2
7T マリア・ウリベ E +2
7T ポーラ・クリーマー +2 +2
10T *MEADOW, Stephanie +2 +3
全米女子オープン(6月19~22日、米国ノースカロライナ州・パインハースト ナンバー2、6649ヤード、パー70)

 全米女子オープンに初出場している昨年の賞金女王の森田理香子は、3バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの75、通算8オーバーの50位タイで予選通過した。

「昨日に引き続きショットは良かったです。グリーンを外したときが難しいです。明日、明後日もこの調子をキープして、グリーン周りを注意してやりたいです」

 ここから上位進出するためには。アンダーパーのラウンドが必要になる。

「アンダーパー出ている人がいるから私も出せると思う。ピンに対して風や傾斜でピンを狙えないところもあるので、そういうところは引いてパッティングでスコアを伸ばしていくのをやりたいですね」

 今季日本女子ツアーでは本調子ではないが、アメリカに来てショットに手応えを感じているという。残り36ホールで存在感を示す。

以下、予選落ちした主な日本選手のコメント

渡邉彩香(3バーディ、1ボギー、2ダブルボギーの72、通算10オーバー、72位タイ)
「予選通過が見えていたので悔しいです。(メジャーでも)距離は問題ないし、パッティングも良かった。課題はグリーン周りはもちろんですが、予選通過が見えながら攻めなければいけないプレッシャーのかかる状況で、アイアンショットの精度を上げないといけない。この経験を次の全英リコー女子オープンにつなげたいです」

有村智恵(1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの75、通算11オーバー、79位タイ)
「いろいろ足りなかったです。上位はアンダーパーが出ると思っていましたが、力の差です。私の飛距離だとグリーンに止められないのが厳しいです。3番(パー4)、5番(パー5)は距離が短いのでこういうところでバーディを取れないと、この舞台では予選を通れません」

吉田弓美子(3バーディ、6ボギーの73、通算12オーバー、88位タイ)
「昨日は初めての経験なので、いつもと同じ感じでプレーできませんでしたが、今日はわりといいゴルフできました。ショットもアプローチも精度、引き出しが足りません。まだまだ経験が足りないですね。米女子ツアーに興味を持ちました」

上原彩子(2バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの75、通算12オーバー、88位タイ)
「歯が立ちませんでした。こういうセッティングだと私の飛距離だと、ほぼ全て完璧でないと戦えない。5ヤードのミスも許されないので。LPGAツアー2年目でいろいろなコースを回り、少しは手応えがあって楽しみだったのですが……」

宮里藍(1バーディ、3ボギー、2ダブルボギーの76、通算13オーバー、98位タイ)
「今週入る前から、今のパッティングの状態だと厳しいなとは思っていましたが、4~5メートルのパッティングが全く入りませんでした。この2日間いい経験ができました。グリーン周りの寄せも悪くないけど、イマイチでした。結果を受け止めて、次につなげたいです」

宮里美香(2バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの76、通算17オーバー、131位タイ)
「昨日はアイアンショットの縦の距離があっていなくて、1クラブぐらい飛んで、グリーンオーバーしてダブルボギーが多かったです。今日は、それを踏まえたら良くなりましたが、バーディを取れるコースではないし、欲を出すとダメ。もったいないボギーが多くて悔しかったです。メジャー2つ続けて予選落ちなので、初心に戻ってやりたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

おすすめのコラム

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ