マニュライフファイナンシャルLPGAクラシック

米国女子

【コラム】朴仁妃の優勝で韓国勢のいきおいは戻るのか?

全米女子オープン直前の勝利で朴仁妃が勢いに乗る 写真・Getty Images
全米女子オープン直前の勝利で朴仁妃が勢いに乗る 写真・Getty Images
 先週、カナダのウォータールーで開催されたマニュライフ・ファイナンシャルLPGAクラシックで、朴仁妃(韓国)が昨年の全米女子オープン以来、実に1年ぶりに勝利した。朴はその1週前に世界ランキング一位の座をステーシー・ルイス(米国)に奪われたばかりだったが、結果的に1位の重圧からの解放が勝利へとつながった形だ。

「少し自分にプレッシャーをかけすぎていたのかもしれない。だからこれだけ長い時間勝てなかったのだと思う」

 と朴。

「自分への期待もこれまで以上に高かった。去年は本当にいいプレーをしていたから。だからそれがかえって自分を難しくしていた。2位、3位、4位に終わったら満足できなかった。そして周囲の期待も同じように高くなっていた」

 と振り返った。

 その重圧から解放されると朴のパッティングがよみがえった。朴の強さはどこからでも決めてくるパッティング。今季メジャー2戦目の全米女子オープンを目前に復活、大会連覇に大きな期待がかかる。

「パターは大きな鍵。ショットは今季もずっと安定してさえていた。ただパターが仕事をしていなかっただけ」

 今季は米国勢の活躍が目立つ中、朴が初の韓国勢の勝利を収めた。世界ランキング1位の座はルイスが守ったがその差は0.3ポイントの僅差。今年の全米女子オープン(19日開幕)は初の全米オープンと同じ会場、パインハースト ナンバー2 で開催される。女子のトップ選手が難コースをどのように攻めるかが見ものになる。プロとして初出場するリディア・コ(ニュージーランド)、今季メジャー初戦のクラフトナビスコ選手権を制したレキシー・トンプソン(米国)、そして今季好調ミッシェル・ウィー(米国)ら若手にも注目、女王の座を懸けての戦いが期待される。

文・武川玲子

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ