スインギングスカートLPGAクラシック

米国女子

【コラム】「世界に最も影響を与えた100人」のリディア・コが女子ゴルフ界をけん引

バースデーウィークにプロ転向後初勝利で祝ったリディア・コ 写真・Getty Images
バースデーウィークにプロ転向後初勝利で祝ったリディア・コ 写真・Getty Images
 リディア・コ(ニュージーランド)がスインギングスカートLPGAクラシック(米国カリフォルニア州・レイクマーセッドGC、6925ヤード、パー72)で勝利した。ステーシー・ルイス(米国)と競って逆転、最終18番で1.5メートルを落ち着いて沈めると1打差で振り切った。これでツアー通算3勝目、昨年10月にプロ転向後の初優勝だ。

 大会初日の24日はコの17歳の誕生日。これに先がけ、コは米タイム誌の「世界に最も影響を与えた100人」に選出されたばかり。今年は5人のアスリートが選ばれ、コはその一人。過去に女子ゴルフではアニカ・ソレンスタム、ロレーナ・オチョア、ミッシェル・ウィーらが選ばれている。

「リディアはゴルフの若い世代を引っ張っている。ゴルフへの興味が増すような言葉を発するし、それは彼女の母国の韓国、ニュージーランドだけじゃなく世界中に大きな影響を与えた」

 と、ソレンスタムは、コの影響力の高さに舌を巻く。

「これ以上すばらしい誕生日はありません」とコは振り返り、「本当に今週は特別な1週間になった」と笑う。

 この勝利でコはステーシー・ルイス、スーザン・ペテルセンを抜き去り世界ランキング2位に浮上、1位の朴仁妃(パク・インビ)の座を奪える位置に迫っている。

 4月は米女子ツアーにとってすばらしい1カ月になった。メジャー初戦のクラフトナビスコ選手権で19歳のレキシー・トンプソンがメジャー初制覇、2位に敗れたミッシェル・ウィーが次戦で見事に勝利すると、今度はコがプロ初優勝。女子ゴルフをけん引する3人の活躍で、今季はますます女子ゴルフがおもしろくなりそうだ。

文・武川玲子

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ