起亜クラシック

米国女子

宮里藍、上原が3アンダー15位タイ D・カーターが単独トップ

初優勝を目指す通算10アンダーで単独首位のドーリ・カーター 起亜クラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
初優勝を目指す通算10アンダーで単独首位のドーリ・カーター 起亜クラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
起亜クラシック(3月27~30日、米国カリフォルニア州・アビアラGC、6593ヤード、パー72)

 現地時間28日に行われた2日目。初日同様、成長の早いポアナ芝の影響が少ない午前組がスコアを伸ばし、プロ転向4年目のドーリ・カーターが11バーディ、3ボギーの64、この日8アンダーの好スコアで、通算10アンダーの単独首位に立った。

 初日3アンダーで12位タイの宮里藍は3バーディ、2ボギーの71、通算3アンダーで15位タイ。同じく12位タイから出た上原彩子はインからスタートし、前半我慢のゴルフを続けると最後の8番、9番を連続バーディとし、3バーディ、1ボギーの71、宮里と同じ通算3アンダーの15位タイに入った。

 また、2オーバー、71位タイスタートの野村敏京はスコアを一つ伸ばし、通算1オーバーの50位タイで予選通過を果たした。5オーバースタートの有村智恵は、4バーディ、5ボギーとスコアを一つ落とし、通算6オーバーで予選落ちとなった。

 2位タイには今季好調のステーシー・ルイスとメジャー2勝のベテラン、クリスティ・カーが、2打差の通算8アンダーで並んでいる。また、首位タイからスタートしたポーラ・クリーマーは3バーディ、3ボギーの72とスコアを伸ばせず、通算5アンダーで7位タイに順位を落とした。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ