セーフウエークラシック

米国女子

宮里藍、「相談」が調子を上げた要因!?

今季初勝利へ絶好のスタートを切った宮里藍 セーフウエークラシック(2013)(1日目) 写真・Getty Images
今季初勝利へ絶好のスタートを切った宮里藍 セーフウエークラシック(2013)(1日目) 写真・Getty Images
 初日、7バーディ2ボギーの67と、好スコアをたたき出した宮里藍。その好調の要因は

「ちょっと打ち過ぎたところもあったけど、返しがしっかり入ってくれた。フィーリングはすごくいい」

 というパッティングだった。

 「火曜日に動画を撮ってお父さんに送って、前日のプロアマの後に電話で話をしました。もう少し重心を移動したほうがいいといわれ、意識してやったらよかった。グリップやストロークよりも、重心は簡単に修正できるので、いいアドバイスをもらったと思いました」

 と、父親である優さんからの助言で、試合前にしっかりと調整できた。

 さらに6番の下りのバーディパットでは、この日初めてキャディのミック・シーボーン氏と相談した。

「ミックは切れない、私は切れると意見が分かれて(笑)。でもそうやって消化して、自分の意見に迷いなくいけることが、すごく重要。あれは聞いてよかったと思います」

 宮里が調子を上げるバロメーターは、“聞く”ということ。信頼できるパートナーからのアドバイスを受けて、残り3日間も好プレーを見せてくれることだろう。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ