サンライズLPGA台湾選手権

米国女子

日本勢苦戦、S・ペテルセン首位独走!

好調キープで一気に突っ走るスーザン・ペテルセン サンライズLPGA台湾選手権(2013)(2日目)  写真・Getty Images
好調キープで一気に突っ走るスーザン・ペテルセン サンライズLPGA台湾選手権(2013)(2日目) 写真・Getty Images
サンライズLPGA台湾選手権(10月24~27日、台湾・サンライズG&CC、6390ヤード、パー72)

 米女子ツアー・アジアシリーズ3戦目の第2ラウンドが行われ、初日首位のスーザン・ペテルセンがこの日もスコアを伸ばし通算7アンダーで首位をがっちりキープした。5打差の通算2アンダー、2位タイに柳先暎とカロータ・シガンダの二人が、さらに1打差の4位タイに通算1アンダーにキャサリン・ハルカークとベアトリス・レカリの二人がつけている。イーブンパーの6位タイにソ・ヒキョン、シェラ・チョイ、キャロライン・ヘッドウォールの3人が続き、誰がペテルセンを追撃するか注目が集まる。

 日本から出場している3人はともに苦戦。初日14位タイの好スタートを切ったアマチュアの柏原明日架さんは上がり3連続ボギーなどスコアを4つ落とし通算5オーバーの29位タイに後退。追い上げが期待された宮里藍と宮里美香は、ともに通算6オーバーの33位タイで2日目を終えた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ