クラフトナビスコ選手権

米国女子

朴仁妃、悠々と逃げきりメジャーV

2位に4打差をつけ、朴仁妃が悠々と逃げきり
2位に4打差をつけ、朴仁妃が悠々と逃げきり

リーダーズボード

海外女子メジャーのクラフトナビスコ選手権(7日、米国カリフォルニア州・ミッションヒルズCC)が終了。2日目から首位に立ち、2位に3打差で最終日を迎えた昨年の米女子ツアー賞金女王・朴仁妃が、2連続バーディと絶好のスタートをきった。一方、追いかけるリゼット・サラスは出だしでダブルボギー。早くも楽になった朴は、その後も次々にチャンスを決めて、終わってみれば4打差で圧勝した。

特に、さえ渡ったのがパッティング。1番で10メートル、2番は3メートル、8番でも10メートルを沈め、9番では1.5メートルにつけてバーディーと前半は33。後半に入っても勢いは衰えず、12、13番で連続バーディを奪うなどリズムに乗った。最終18番パー5ではバーディーパットこそ外したが、タップインパーを決めると両手を大きく突き上げた。

一方の日本勢だが、宮里藍は昨日から引っかけ気味だったショットの修正ができずに苦しい1日。1番でティショットを左ラフに打ち込みボギーとし、結局、前半で3つ落としたことから後半もバーディとボギーを繰り返す、少し集中力の欠いたラウンド。最終18番は3パットと、象徴的な終わり方になってしまった。

上原彩子は正確なショットで淡々とスコアを伸ばし、一時は通算6アンダー。11番を終えた時点で5位タイまで浮上。しかし、12番パー4で3パットをしてからグリーンのスピードに混乱し、終盤に崩れて後半は38と悔しいフィニッシュになった。

最終成績
1  朴  仁妃 -15
2  柳  簫然 -11
3T C・ヘドウェル -9
3T S・ペテルセン -9
5T H・カン -6
5T K・ウェブ -6
7T C・マシュー -5
7T G・セルガス -5
7T J・エワートシャドフ -5
7T A・ノードクビスト -5
7T 申  智愛 -5
7T パク・ヒヨン -5
~以下、主な選手の成績~
19T 上原 彩子 -3
25T ※L・コ -2
32T S・ルイス -1
41T M・ウィー 0
41T 上田 桃子 0
48T ヤニ・ツェン +2
55T 宮里  藍 +5
63T 宮里 美香 +7
※印はアマチュア

文・武川玲子、写真・Getty Images

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ